オン・セミコンダクター、IBMより車載レーダー用のミリ波技術を買収

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクターは、IBMハイファ研究所のチームが開発した車載レーダーアプリケーション用のミリ波技術を取得し、ライセンス供与すると発表した。

レーダーは、見通しの悪い条件でも、次世代の自動走行で必要な距離および物体の速度測定に優れているため、センサーカメラに対する高い補完技術となる。オン・セミコンダクターは、レーダーとセンサーカメラの技術を組み合わせることにより、増加傾向にある、精度と自動車の安全性向上に向けて複数のセンサ技術を用いるセンサフュージョンに対応できる。

今回の買収により、オン・セミコンダクターのイメージセンサグループの車載ソリューション部門の直下にイスラエルのデザイン・センターが新しく加わる。新しいデザイン・センターは、イスラエルのハイファに設置され、スタッフ、機器、研究施設、および知的財産を引き継ぐ。このチームのEband設計は、要件の厳しい欧州ETSI規格に準拠しており、Fixed Base Siliconベースのチップセット向けの高出力を含むという。

【関連リンク】
オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)
アイビーエム(IBM)

Previous

フィットビット、心拍数の継続記録機能を備えたスリムなフィットネスリストバンド「Fitbit Alta HR」と新たな自動睡眠機能を発表

アーバーネットワークス、IoTデバイスへのスキャン行為のグローバルモニタリングを強化

Next