ファーウェイ・ウォッチを西欧で発売

ベルリン–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ) — ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(BG)は本日、IFAにてファーウェイの新たな腕時計を欧州市場向けに正式発表した。

スイス時計から着想を得たクラシカルデザインのファーウェイ・ウォッチは、選択するデザインにより399.00~699.00ユーロで、カナダ、ドイツ、フランス、 スペイン、イタリアで今月から販売される。

また、米国では本日(9月2日)よりファーウェイ・ウォッチを予約可能。

10月には、英国、日本、 アラブ首長国連邦(UAE)で販売が開始され、その他の地域の情報は今年中に発表される。

 

これはファーウェイのウエアラブルファミリーで初のスマートウォッチであり、ファッションと技術の溝を真に埋める腕時計でもある。

アンドロイ ド・ウェア(Android Wear™)を搭載したファーウェイ・ウォッチにより、ユーザーはどこにいても接続状態を保ち、電話、ショートメッセージ、インスタントメッセージ、電子メールの通知を迅速に受け取ることができる。

ワイヤレスヘッドホン用にブルートゥース接続機能が搭載し、オフライン用音楽のダウンロードもサポートしているため、以前にも増して簡単にアクティブな活動が維持できる。

音楽は音声コマンドでスタート可能で、同じ音声アクションを使用して目的地検索や道順のナビゲーションが可能。行方不明の携帯電話の探索は、この腕時計の「携帯電話探索(find my phone)」機能でこれまで以上に簡単になった。

そして、グーグルの最新版アンドロイド・ウェアのおかげで、アンドロイドとiOSのユーザーはいずれもファーウェイ・ウォッチに接続できるようになる。

 

クラシックデザインの美学

ファーウェイ・ウォッチは、腕時計の伝統的な寸法である直径42ミリとなっている。ユニークなデザインの文字盤は完全な円形で、リューズは2時の位置に配置している。

フレームはローズゴールド、ステンレススチール、ブラックから選択でき、クラシック、ラグジュアリー、ビジネス、フェミニン、モダン、シンプルの美しい文字盤デザインをオーダーメードで広く用意している。

バンドは、ステンレススチールメッシュ、ステンレススチールリンク、ローズゴールド/黒色メッキのステンレススチールリンク、ブラウンレザー、ブラックレザーから選択できる。簡単に取り替え可能で、幅18ミリのラグのインターフェースを持つすべての時計用バンドが利用できる。

ファーウェイ・ウォッチを西欧で発売

 

クラシックな作り

高度な技術による素材で作られたこの腕時計の特徴は、完全な円形のタッチセンサー式1.4インチAMOLEDディスプレー、耐傷性サファイアクリスタルによるコーティング(スイスの腕時計メーカーが好んで使用)、冷間鍛造ステンレススチールのフレームで、心拍数モニターと6軸モーションセンサーが内蔵されている。

解像度400×400ピクセルで286 ppi、10,000:1の高コントラスト比を実現し、これまでで最も鮮明なアンドロイド・ウェア搭載スマートウォッチだ。

この腕時計のクラシックで高級なデザイン美学に合わせて、ファーウェイ・コンシューマーBGは、米国のスーパーモデルのカーリー・クロスと世界トップクラ スの男性モデルのショーン・オプリーを起用した広告キャンペーンを展開すべく、世界で最も有名なファッション写真家のマリオ・テスティーノと提携した。

 

スポーツ技術の新時代

ファーウェイ・ウォッチには、心拍数を正確に測定できる心拍数モニターセンサー(PPGセンサー)が搭載されている。このセンサーは、皮膚への密着度を増して正確度を高めるため、わずかに膨らみをもたせてある。

ジャイロスコープと加速度計を備えた6軸モーションセンサーにより、ユーザーの活動をいつでもどこでも追跡でき、ウォーキング、ランニング、登山などの異なる身体活動を区別できる。

 

販売地域とアクセサリー

ファーウェイ・ウォッチは、米国、英国、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、コスタリカ、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フラン ス、ドイツ、香港、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、ロシア、シンガポール、スペイン、ス ウェーデン、スイス、台湾、タイ、アラブ首長国連邦を含む20以上の国と地域で提供する。

詳細は、http://consumer.huawei.com/minisite/worldwide/huawei-watch/を参照。

 

【関連リンク】
ビジネスワイヤ

Previous

1-10HOLDINGS、最先端のコミュニケーションロボット用AIや会話エンジンを開発するロボットテクノロジー専門会社1-10Roboticsを設立

IoTベンチャーが目指すスマートロックの世界 -Akerun

Next