サンワサプライ、Raspberry PiやArduinoと組み合わせてIoTデバイスを作れるセンサーキットを発売

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、はんだ付けをせずにGroveシステムのセンサーを接続できるセンサーキットセット「800-PRSET1_2」を発売した。同製品は、Raspberry PiやArduinoに組み合わせて、IoTデバイスを制作できるセンサーキット。「800-RPSET1」がRaspberry Pi用、「800-RPSET2」がArduino用だ。

  • Raspberry Pi用センサーキット GrovePi+
    型番:800-RPSET1
    販売価格:18,333円(税抜)
    サンワサプライ、Raspberry PiやArduinoと組み合わせてIoTデバイスを作れるセンサーキットを発売
  • Arduino用センサーキット Grove
    型番:800-RPSET2
    販売価格:9,074円(税抜)
    サンワサプライ、Raspberry PiやArduinoと組み合わせてIoTデバイスを作れるセンサーキットを発売

「800-RPSET1」は、GrovePi+ボードとケーブル、厳選されたGroveセンサーが同梱されている。GrovePi+をRaspberry Pi上にスタッキングし、センサーをボードに接続すれば、強力なプラットフォームでハードウェアの再生とプロトタイピングを開始することができる。「800-RPSET2」は、ベースシールド、ケーブル、センサーが同梱されている。必要なモジュールをベースシールドに接続するだけで、アイデアのテストを行うことができる。いずれも、はんだ付け不要で使用することが可能。

サンワサプライ、Raspberry PiやArduinoと組み合わせてIoTデバイスを作れるセンサーキットを発売

【関連リンク】
サンワサプライ(SANWA SUPPLY)
Raspberry Pi用センサーキット GrovePi+
Arduino用センサーキット Grove

Previous

MOVIMAS、シャープとIoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始

オーチスと明電舎、カメラ画像処理技術を用いたエレベーターのロープ点検新システムを開発

Next