アールエスコンポーネンツ、SIEMENSのIoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」をArduinoストアで販売

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社は、同社が独占的に販売しているSIEMENSの産業用IoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」(¥9,999)、ハイスペック版「SIMATIC IOT2040」(¥27,399)に関して、シングルボードコンピュータのリーディングカンパニーの1つであるArduino(アルドゥイーノ)を公式グローバルリセラーに指定したことを発表した。今後 SIMATICゲートウェイ製品は、RSオンラインでの販売に加えて、Arduinoストアでも購入が可能となる。

「SIMATIC IOT2020 」「SIMATIC IOT2040」は、各産業分野の既存システム・アプリケーションに適用できるよう設計されたオープンかつフレキシブルなIoTゲートウェイ。イーサネット、USB、microSD といったインタフェースを利用することで、あらゆる機器やネットワークを通じたデータの検索、処理、解析、送信に使用できる。

同製品は、Arduino IDEやYocto Linuxといったオープンソースのソフトウェアが利用でき、JavaやC++、JSONといった高水準言語でのプログラミングも可能。また、オンボード・インタフェースに加えて、ArduinoシールドおよびオンボードPCIeポートによる拡張も可能だという。

「SIMATIC IOT2020」「SIMATIC IOT2040」は、CEやUL等の規格認定を取得し、また手頃な価格帯であることから、教育機関での利用において、学生の皆さまに実用的な開発経験を体験してもらえるプラットフォームを提供する。またスタートアップ企業では、独自アイディアを活用した専門的なアプリケーションやプロジェクトの迅速な開発が可能となる。

今回公式グローバルリセラーとなったArduinoが開発・販売するプロトタイピング用基板のArduino製品は、オープンソースのシングルボードコンピュータだ。技術者だけでなく電子工作愛好家やメディアアートといった幅広いユーザ向けに設計されており、近年では産業用IoTの分野においても活用が進んでいる。SIMATICゲートウェイ製品の販売面では、アールエスコンポーネンツがビジネスユーザに強みを持つ一方、Arduinoは学生、小規模開発、スタートアップ企業で設計に携わるエンジニアといった個人ユーザを主対象としていることから、販売対象分野を補完することになる。

【関連リンク】
アールエスコンポーネンツ(RS Components)
RS オンライン
シーメンス(Siemens)
アルドゥイーノ(Arduino)
Arduinoストア

Previous

IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]

第一生命、“健康第一”プロモートのInsTech基盤にMicrosoft Azureを採用

Next