フレクトのコネクテッド・カー アプリ「Cariot」、国交省の新技術データベース「NETIS」に認可登録

IoTを中心にクラウドインテグレーションを行う株式会社フレクトは、コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot」のサービスを国土交通省が提供する新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)に登録申請し、認可されたことを発表した※。これにより、効果的な車両管理をIoTで解決したい建築・建設関係者、土木関連企業などがNETISで情報検索することで、Cariotを認知できるようになる。

コネクテッド・カー アプリケーション「Cariot」とは、工事不要で車両に専用デバイスを差し込むだけで、車の情報がインターネットやクラウドにつながるアプリケーション。位置情報や速度、燃費など幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化できる。

2015年秋より営業車両やバスの運行管理で利用実績を積み重ね、2016年から建設・物流業務を中心に「作業の効率化」や「コスト削減」の目的で利用されてきた。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、米国セールスフォース・ドットコムが運営するビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「AppExchange」に公開、提供している。

新技術情報提供システム(NETIS[ネティス])とは国土交通省が提供する新技術活用のための情報共有・提供を目的としたデータベースシステム。通称「NETIS」と呼ばれ、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されている。

※「Cariot」は2017年4月20日以降に掲載予定

【関連リンク】
フレクト(Flect)
国土交通省(MLIT)
Cariot(キャリオット)
NETIS(ネティス)
セールスフォース・ドットコム(salesforce.com)

Previous

日本郵便とHonda、電動二輪車等を用いた郵便配達による社会インフラ整備に向けた協業の検討を開始

イッツコム、光ファイバー回線を利用してテレビ・インターネット・電話・スマートホームサービスなどを快適にする「イッツコムひかり」提供開始

Next