パソナテック、IBM Watsonの導入・運用支援サービスを開始

IT・エンジニアリング分野に専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテックは、『IBM Watsonエコシステムプログラム』の「テクノロジーパートナー」および「ビジネスパートナー」の契約を締結した。そして、Watsonの導入・運用支援サービスを4月より開始すると発表した。

同サービスでは、データやマーケティングの分析などを、Watsonを活用して行う企業に対し、導入に最適なAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の選定や、Watsonに関連するアプリケーション開発のほか、導入後のメンテナンスなどの運用支援を行っていくという。

  1. Watson導入支援サービス
    ・Watsonの最適なAPIの選定
    ・必要な開発要件の定義と開発プロジェクトへの連携
    ・Watsonを活用したシステムの構築
  2. Watson運用支援サービス
    ・Watsonの精度の向上のための導入後の各種メンテナンス
    ・Watsonを活用したBPOサービスの提供
  3. Watsonに関連するシステムやアプリケーションの開発

『IBM Watsonエコシステムプログラム』とは、日本市場でWatsonを活用したサービスの導入を推進するため、ソフトバンク株式会社が日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で構築・提供しているパートナープログラム。Watsonを活用したアプリケーションやサービスを提供する「ビジネスパートナー」と、Watsonの導入支援やWatsonに関連するアプリケーション開発などを行う「テクノロジーパートナー」の2種類で構成されている。

【関連リンク】
パソナテック(Pasona Tech)
ソフトバンク(SoftBank)
アイビーエム(IBM)

Previous

ファームノート、農業でのAI研究開発・事業基盤強化のため総額5億円の資金調達を実施

浅草六区、経済産業省「IoT活用おもてなし実証事業」に参加し訪日外国人旅行者の対応向上を目指す

Next