[4/20開催] IoTテクノロジーにフォーカスした、エンジニア向けカンファレンス  ーif-up2017 IoT Technology Conference powered by SORACOM開催[PR]

IoT Technology Conference if-up2017 開催決定

ソラコム主催の初のIoT Technology Conference「if-up2017」。

IoT通信、LoRaWAN、エッジコンピューティング、カメラ、GPS、デバイス、クラウド、セキュリティ…これからのIoTシステムに必要な考え方や専門知識、実践的なノウハウをIoTの最先端で活躍する企業、エンジニアをゲストに迎え解説する。

現在、参加費用が、一般販売価格5,400円(税込)のところを、3,240円(税込)で申し込みができる早期割引を実施中とのことだ。

下のタイムテーブルを見るとわかるのだが、代表的なIoTの事例を作ってきた、具体的なエンジニアリングをしているエンジニアがあつまり、「濃いディスカッション」が展開されることが予想される、とても興味深いカンファレンスだ。

ソラコム玉川氏からのメッセージ

この1年半、ソラコムとしてIoT通信を軸に様々なエンジニアに出会いました。そこで感じたのはIoTは総合格闘技のようなものだということです。とても強そうで、何から体を鍛えれば良いのかわかりません。

IoTには、IoTデバイス、通信(セルラー/LoRaWAN)、センサ、セキュリティ、サーバー、AI/分析技術など様々な専門分野が関わってきます。しかし、これらの周辺技術の進化で実装のコストも下がり、利用できるサービスも大幅に増えつつある今、IoTテクノロジーは誰もが試せる、手が届くようになりつつあります。

クラウドの進化を見てきた私から見ると、今のIoTに置かれている状況は5年前のクラウドの状況に似て見えます。つまり、IoTはエンジニアの新たな機会を拡げてくれると感じます。

​イベント名【ifup】は、ネットワーク・インターフェースを有効にする Linuxのコマンドから名付けました。「IoTに関わるエンジニアがインターフェースを起動させて、ムーブメントを創ろう」そんな想いに共感してくれた、IoTにかかわる企業やエンジニアが、その技術動向や実践の現場を紹介してくれます。

私自身、いままでにないカンファレンスになるとワクワクしています。

ぜひ「if-up2017」にご参加ください。

​株式会社ソラコム 
代表取締役社長 玉川 憲

開催概要

日時:2017年4月20日(木)10:30-18:00 *開場9:45を予定
会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター2F
申込:事前申込制、参加費用5,400円(税込)・IoTデバイス、ランチ付
詳細:https://if-up2017.soracom.jp/

キーノート:アーム内海社長、LINE砂金氏、IDC鳥巣氏の登壇が決定

「IoTテクノロジーの今・未来」をテーマに、IDCジャパン鳥巣氏よりIoT市場の展望、ソラコムCTO安川氏より「SORACOM Inside」を紹介。

その後、デバイス業界からは通信用の半導体の回路設計においてシェア世界一のアーム内海社長、アプリケーション業界からはコミュニケーションプラットフォームとして次の展開を見据えるLINE砂金氏、ソラコムCEO玉川氏の3名がIoTテクノロジーの未来を語る。

タイムテーブル

10:30
|
11:45
キーノート
「IoTテクノロジー 今・未来」

株式会社ソラコム 代表取締役社長 玉川 憲
株式会社ソラコム 最高技術責任者 安川 健太


ゲストスピーカー
アーム株式会社 代表取締役社長 内海 弦 氏
LINE株式会社 広告・ビジネスプラットフォーム室 戦略企画担当ディレクター 砂金 信一郎 氏
IDC Japan株式会社 シニアマーケットアナリスト 鳥巣 悠太 氏
11:45
|
13:00
ランチ ランチのご提供
IoT デバイスLT
トラックA トラックB テラスルーム
13:00
|
13:45
A1:IoT通信の選択肢とLoRaWANに見るデバイス開発のポイント

株式会社ソラコム 事業開発マネージャー 大槻 健
B1:エッジヘビーコンピューティングと機械学習

ゲストスピーカー
株式会社Preferred Networks エンジニア 田中 大輔 氏


モデレーター
株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 今井 雄太


セッション間の休憩時間は、「ASK SORACOM」コーナーや、展示およびシアターセッションを調整中
14:15
|
15:00
A2:コネクティビティのビジネス実装

ゲストスピーカー
WAmazing株式会社 CTO 舘野 祐一 氏
株式会社ライナフ 代表取締役社長 滝沢 潔 氏
株式会社ライナフ 開発部 バックエンドチーフ 日月 亮 氏


モデレーター
株式会社ソラコム シニアソフトウェアエンジニア 小熊 崇
B2:デバイスデザインパターン〜ユースケース別デバイス選定〜

株式会社インフォキューブ LAFLA システムコンサルティング部 田中 大輔 氏
株式会社ザイマックスアルファ ミューザ川崎 管理事務所 作元 研一 氏


モデレーター
株式会社ソラコム テクニカル・エバンジェリスト 事業開発マネージャー 松下 享平


セッション間の休憩時間は、「ASK SORACOM」コーナーや、展示およびシアターセッションを調整中
15:30
|
16:15
A3:業務システムとの連携〜閉域網とクラウド〜

ゲストスピーカー
株式会社小松製作所 スマートコンストラクション推進本部・システム開発部 主査 根本 雄一 氏
ハンズラボ株式会社 エンジニア 平井 俊之 氏


モデレーター
株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 今井 雄太
B3:GPSとIoT〜位置情報取得で押さえるポイント〜

ゲストスピーカー
株式会社フレクト 技術開発本部 テクニカルスペシャリスト 佐藤 正士 氏
株式会社デザイニウム 代表取締役社長 前田 諭志 氏


モデレーター
株式会社ソラコム シニアエンジニア 松井 基勝


セッション間の休憩時間は、「ASK SORACOM」コーナーや、展示およびシアターセッションを調整中
16:45
|
17:30
A4:カメラデバイスとクラウド〜スムーズな連携のために〜

ゲストスピーカー
プラネックスコミュニケーションズ株式会社 企画開発部 部長 中林 千晴 氏
株式会社ABEJA プラットフォーム事業部 開発チーム リードエンジニア 河崎 敏弥 氏


モデレーター
株式会社ソラコム テクニカル・エバンジェリスト 事業開発マネージャー 松下 享平
B4:Using Soracom in Smart Buildings (English only)

スピーカー
Soracom DK ApS Evangelist Alexis Susset


セッション間の休憩時間は、「ASK SORACOM」コーナーや、展示およびシアターセッションを調整中
18:30
|
20:30
ナイトイベント
SORACOM User Group

セッション情報は、随時更新の可能性あり。
なお、タイムテーブルおよびセッション内容は予告なしに変更になる場合があるということだ。

申し込みはこちら
(クリックすると申し込みページへ遷移します)

Previous

日立とみずほ、AI活用による営業部門のセールス力向上と企画部門の業務効率化に向けた実証実験を開始

フジテレビとマイクロソフトがクラウド/AI技術で連携、Microsoft AzureのAI技術で動画コンテンツのグローバル対応を目指す

Next