NTTレゾナント、AIが旅選びのサポートをする行動支援サービスを開発着手

NTTレゾナント株式会社は、AIが対話を通じてユーザーの気分に寄り添い、ユーザー理解を深めることで、旅選びのサポートをするサービスの開発に着手する。この技術はNTTグループのAI関連技術「corevo」を活用している。2017年9月を目標にサービス提供を開始する予定としている。

このサービスでは、AIが、旅先や旅行目的がはっきりしていないユーザーの気分に寄り添い、対話を通じて「のんびりしたい」「癒されたい」などのユーザーの気持ちを推察する。次に、「教えて!goo」の旅行に関するQ&Aデータや「gooブログ」の旅行体験記事といった旬なソーシャル情報、「goo旅行」の観光地情報、「goo地図」の地域情報をディープラーニングにより学習し、ユーザー理解を深めることで、ユーザーの気分に寄り添った旅先の提案を行うという。

今回開発されたAI技術(*1)の特徴は、AIとの対話とAIによる旅選びの行動支援だ。

  1. ユーザーを理解する対話エンジン
    2016年9月にサービス提供開始した「教えて!goo」でのAIサービスは、「教えて!goo」の恋愛カテゴリーのQ&Aデータをディープラーニングにより学習し、一問一答形式で回答を生成。対して、今回開発されたAI技術はユーザーとのリアルタイムの対話を繰り返し、ユーザーのあいまいな気分から関心事を理解する。
  2. 複数のデータベースを学習
    同AI技術は、「教えて!goo」の旅行に関するQ&Aデータ、「gooブログ」の旅行体験記事、「goo旅行」の観光地情報、「goo地図」の地域情報といった複数のデータベースをディープラーニングにより学習する。複数のデータベースを学習することで、ユーザーに提案できる情報が増え、AIはさまざまなユーザーの気分に寄り添った旅選びを支援することができるという。
    NTTレゾナント、AIが旅選びのサポートをする行動支援サービスを開発着手

対話エンジンは2017年3月に日本テレビ放送網株式会社と共同実験を行い、今後も各社との連携を検討するとしている。

(*1) NTTグループのAI関連技術「corevo」の自然言語処理技術を応用したディープラーニングによる独自のAI技術。

【関連リンク】
NTTレゾナント(NTT Resonant)
corevo(コレボ)
日テレ(NTV)

Previous

ソラコムとプリファードネットワークスの提携、TenserFlowの力 ーCeBIT2017 レポート その3

CROSSCOOP SINGAPORE、人型ロボット「NAO」による受付業務省力化の実証実験を開始

Next