フジテレビとマイクロソフトがクラウド/AI技術で連携、Microsoft AzureのAI技術で動画コンテンツのグローバル対応を目指す

株式会社フジテレビジョンと日本マイクロソフト株式会社は、新しい視聴者体験を提供するクラウド/AI技術で連携することを発表した。連携の第一弾として、「DREAM FACTORY (以下、ドリファク)2017.3.29新規追加」の基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureを採用し、その動画配信機能とAI機能を活用した新しい視聴者体験サービスを展開する。

ここ数年、多くの動画配信プラットフォームが乱立し、コンテンツ争奪戦が激化し、その生き残りをかけ各メディアにはオリジナルコンテンツの制作が求められている。フジテレビは、あらゆるジャンルの才能を発掘するために「DREAM FACTORY」という再生数ランキング形式の動画投稿サイトを2017年1月16日に立ち上げた。今回、日本マイクロソフトは、フジテレビの展開するドリファクの方向性に賛同し、クラウド/AIの観点で連携することで、日本のアーティストやクリエイターが「より多くのことを達成する」ことを応援するという。

フジテレビは、24時間総合編成のインターネット有料チャンネル「フジテレビONE/TWO/NEXTsmart」での配信基盤としての実績と今後のグローバル展開を踏まえ、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureの動画配信サービス「Media Services」をドリファクの配信基盤として採用している。

フジテレビが掲げるドリファクでの最終的な目標は、ここから育った「才能」を世界に羽ばたかせること。その第1歩として新しい視聴者体験を提供するため、Microsoft Azureの「Cognitive Services」と「Media Analytics(*2)」をドリファクに実装し、自動字幕生成機能を2017年7月1日より英語・中国語・スペイン語・フランス語から、順次提供を開始する。この機能によって、動画の音声が自動でテキスト化されるだけでなく、最大9か国語(*3)に自動翻訳されていくことを目指すとしている。

クリエイターは言葉の壁を飛び越え、海外進出することができるようになる。アーティストやクリエイターは「DREAM FACTORY」に自分たちだけのコミュニティ=チャンネルを持ち、そのチャンネルから自身の動画を通じて世界にメッセージを発信することが可能になるという。

日本マイクロソフトでは上記のフジテレビの最終目標及び新しい視聴者体験を支援するため、ドリファクからコンテンツ提供を受け、Microsoft AzureのAI機能の日本語の認識率をより向上させるための取り組みを行う。AIの認識率の向上には、より多くの実データからの学習が効果的と考え、日本語の認識率をより向上させるためには、日本語のコンテンツを多く保有しているフジテレビからのコンテンツ提供は非常に有用になるという。

連携における両社の役割は以下の通り。

  • フジテレビ
    ・クラウドプラットフォームおよびA 技術を活用した新しい視聴者体験を提供する動画配信サービス開発およびサービス基盤の構築
    ・AI技術を活用した新しい視聴者体験を提供する映像コンテンツの開発
    ・ドリファクのコンテンツをAI技術の向上のための研究材料として日本マイクロソフトに提供
  • 日本マイクロソフト
    ・クラウドプラットフォームおよびAI技術に関する最新情報の提供
    ・新しい視聴者体験を提供する動画配信基盤構築および映像コンテンツ開発のための技術支援体制の整備とサポート
    ・ドリファクから提供されたコンテンツをAI技術のブラッシュアップのための研究材料として活用し、日本語の認識率の向上、顔認知技術による肖像権チェック、映像モデレート技術による成人向けコンテンツの自動排除処理、自動翻訳、索引付けなどの機能向上につなげる

両社の連携の成果は、今後フジテレビが運営するCS放送チャンネル「フジテレビONE/TWO/NEXT」(IP同時再送信含む)などでの活用も検討していくとしている。フジテレビでは、AIを活用した放送技術の向上および新しい番組作りにより、視聴者に今までにない新しい体験を提供するとともに、AI 機能を搭載したドリファクを通じ、次代を担うアーティスト、パフォーマー、クリエイターの活躍の場をグローバルに展開することを支援していく。

フジテレビがプロデュースするドリファクの最終的な目標は、2020年までに世界で活躍するアーティスト、クリエイター、パフォーマーをこのドリファクから生むこと。日本のコンテンツ産業の市場規模は約12兆円だが、海外マーケットへのコンテンツ輸出はまだまだ伸びしろがあるという。アニメ・ドラマ・映画など日本の映像コンテンツに加え、音楽、ゲーム、日本の豊かな食文化、ファッション、伝統工芸品など、日本ならではのクリエイティビティを発信することで、ジャパンコンテンツ・日本文化・日本語の普及に努め、ビジット・ジャパン、地方創生に貢献し、海外市場におけるジャパン・ブランドの向上に努めたいという。

(*1)「DREAM FACTORY」はジャンルごとにコミュニティ分けされており、観たいジャンルの動画にすぐアクセスでき、それぞれのコミュニティの再生数や
「LOVE(いいね)」のランキングが一目でわかるとても観やすい動画投稿サイト。動画が公開されると同時にSNS上でURLとサムネイルが発信され、投稿者はそのURLを拡散することで自身の作品を宣伝することが可能。また、他の動画投稿サイトと違い、映像チェック後に公開するため、権利侵害のない安全性の高い動画投稿サイト。
(*2)Media Analyticsは、動画にAIを応用するサービスのAPI群。インデクサー(ビデオの音声のテキスト化)、顔検知、顔モーション検知、ビデオの概要作成、コンテンツモデレート(規制対象コンテンツの検出)等動画から新しい洞察を抽出するための効果的な機能を提供。
(*3)自動字幕生成が提供される言語は、英語、中国語(標準字、簡体字)、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、アラビア語 (エジプト語)、日本語の 9 か国語。今後対応言語は随時拡充予定。

【関連リンク】
フジテレビ(Fuji Television)
マイクロソフト(Microsoft)
DREAM FACTORY(ドリファク)

Previous

[4/20開催] IoTテクノロジーにフォーカスした、エンジニア向けカンファレンス  ーif-up2017 IoT Technology Conference powered by SORACOM開催[PR]

オムロン、熟練作業者の温度調整をAIで自動化する「温度調節器E5CD/E5ED」発売

Next