河森正治(サテライト)が、新たな映像表現にチャレンジ “リアルタイムVR 操縦体験デモ映像”を東京ゲームショウ2015にて公開

株式会社サテライトは、同社所属で「マクロス」「アクエリオン」シリーズの原作者 兼 アニメーション監督である河森正治監修のもと、新たな映像表現にチャレンジする。

東京ゲームショウ2015(開催期間:9月17日~20日)の「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」体験ブースにてデモ映像を体験することができる。

Project Morpheusとは、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が開発中の「プレイステーション 4」(PS4TM)の世界をさらに拡げるバーチャルリアリティシステム。

デモ映像の内容は「体感合体 『アクエリオン・EVOL』」と題して、当社原作のアニメーション作品「アクエリオンEVOL」の合体シーンを体験できる今回限りの特別映像となっているという。

Project Morpheusのヘッドマウントユニットを頭部に装着することで、あたかも自分がベクターを操縦し、ロボへと合体するシーンを体験がする事が可能だ。

アニメーション監督 メカデザイナー 河森正治は以下のコメントをしている。「昨年に続き今回もゲームショーで新たなチャレンジをする事ができました。 360°全天視野だからこそ描ける、戦闘機のコックピット感覚。そして巨大ロボットアクエリオンEVOL【合体】の気持ち良さ。是非多くの皆さんに体感していただきたいです。言葉で伝える以上のものがここに感じられる事でしょう。」

■制作スタッフ
監修:河森正治
CGプロデューサー:畑秀明(サテライト)
CGディレクター:畑山勇太(サテライト)
制作:株式会社サテライト
制作協力:株式会社ヒストリア

(C)河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)河森正治・サテライト/Project AQUARION EVOL

Previous

RWEがIoT向け新通信ソリューションをリリースへ

東大発ベンチャーH2L「触感型ゲームコントローラ UnlimitedHand」をKickstarterにて発表

Next