Bravo、ツーリング特化型「バイク用ドライブレコーダー」、日本での販路を拡大

企業:/

株式会社Bravoは、全世界で4万台の販売実績があるバイク用ドライブレコーダー「BIKER MATE」の取り扱いを2015年7月から開始し、Bravoセレクトショップや楽天ショップ、Amazon.co.jpでも販売を行い、日本での販路を拡大していく。

2015年6月から全世界で販売している「BIKER MATE」はバイクに特化したウェアラブルカメラだ。1080PのフルHDで撮影できる本製品は万が一のためのドライブレコーダーとしてだけではなく、ツーリングの思い出撮影としても活躍する。本製品はバイクの電圧を使用できるため、バッテリー切れの心配がない。

交通に関わる信用が低い国でのドライブレコーダーの普及率は日本以上と言われ、装着への意識が高まっている。車やバイクに乗っている自分を守る為には第三者の視点が必要不可欠だ。

「BIKER MATE」は特に日本以上にバイクが普及している国で需要があり、リーズナブルな価格、使いやすさ、市場規模が相まって4ヶ月で4万台という販売実績を残すことができたという。希望小売価格は16,800円(税込)、2015年10月1日より14,800円(税込)で販売する。

Previous

エンルート、ドローンコントローラーに、NVIDIA Jetson プラットフォームを採用

MM総研、国内クラウド市場は2019年度に2兆円へ成長と予測

Next