日商エレとエコモットがIoT事業で協業、テレマティクスクラウド「くるま-i 2」を提供開始

日商エレクトロニクス株式会社(以下、日商エレ)とエコモット株式会社は、IoT事業において協業を開始する。協業第一弾として、日商エレの車両運行管理テレマティクスサービス「くるま-i※」にエコモットのIoTクラウドプラットフォーム「FASTIO(ファスティオ)」を導入し、新サービス「くるま-i 2」として展開した。

「くるま-i」の最大の特長は2つ。一つ目はヒヤリハット発生時の動画送信機能。ドライバーの危険な運転動画を遠隔地から閲覧することができる。具体的な安全運転指導にも役立つ顧客満足度が高い機能。2つ目は「データ分析サービス」。車両/ドライバーごとの運転情報をさまざまな切り口から傾向を分析するサービスだ。事故をさらに減らすために、「くるま-i」利用の各企業のお客様の傾向や兆候を見える化するために生まれたサービス。

「くるま-i 2」は、そういった収集データを顧客の経営や安全管理により活用しやすくするため、ユーザビリティを大幅に改善。「くるま-i 2」のリニューアル内容は以下の通り。

  • 共有車の管理機能強化:共有車両の予約機能により、ドライバーの特定が容易になった。
  • リアルタイム通知機能:急挙動、速度超過などの情報を管理者に即時知らせる。
  • 動態監視機能の強化 :走行中、停止中の他、長期非稼働車両のデータも閲覧可能。保有台数の適正化に役立つ。
  • 使い勝手の改善   :登録部署ごとのハザードマップが参照可能。検索のバリエーションが広がった。

両社は今後テレマティクスサービスのみならず、エコモットが得意とする遠隔監視システムなど、IoTを活用した新たな付加価値創造サービスの提供も視野に協業を進めるとしている。

※「くるま-i」:測定機器を装着した車両の位置・運転情報をGPSと連動して収集し、各車両の運行状況を顧客に知らせるテレマティクスサービス。事故やコスト削減を目的に運送会社や自動車レンタル会社など、車両を保有するすべての企業のお客様を対象に日本全国約10,000台に導入されている。

【関連リンク】
日商エレ(NEL)
エコモット(Ecomott)

Previous

大阪大学、富士通、富士通研究所、次世代クラウド基盤の低炭素化に向け「富士通次世代クラウド協働研究所」を設立

エスアイアイ・セミコンダクタ、ウェアラブル/IoT機器向け降圧型スイッチングレギュレータ「S-85S1A/S-85S1Pシリーズ」を発売

Next