DSM、3DプリンティングのEnvisionTECと材料部門のSomosとの協業を発表

ライフサイエンス、マテリアルサイエンス企業であるロイヤルDSM(Royal DSM)は25日、付加製造材料のSomos(R)と3Dプリンティング産業に新しいアプリケーションの門戸を開く3Dプリンティング機器のEnvisionTECとの間の新たなコラボレーションを発表した。

EnvisionTECは(金型/工具類の国際見本市)Euromoldで昨年、Xtreme(R)3SPマシンを公開した。3SP(R)シリーズの独自の走査・レンズ回転・集中精細露光(Scan, Spin and Selectively Photocure)技術は、EnvisionTECがそれと知られる精細で質の高い表面仕上げによる大型、高詳細モデルの高速3Dプリンティングを提供する。

EnvisionTECはSomos (R)チームを組み、熱抵抗、耐久性、高詳細解像度、寸法安定性を狙った次世代レベルの高性能材料を開発する。

Previous

UBIC、人工知能の成長を可視化するコンサルティングサービスを提供開始

IoT、メーカーズムーブメントのフロントランナーである、宮下芳明 氏×川原圭博 氏×岩佐琢磨が対談

Next