ウフルとZenmuTech、IoT分野での情報の安全とコスト削減に向けて業務提携

エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」を提供する株式会社ウフルと、データの無意味化で情報漏えいリスクをゼロにする次世代のインフラストラクチャを提供する株式会社ZenmuTechはIoT分野での情報の安全とコスト削減に向けて、共同製品開発に向けた業務提携を行ったことを発表した。

ウフルの提供する、IoTオーケストレーションサービス「enebular」は、エッジとクラウドの協調分散制御に必要なアセットのデプロイ/設定/管理の自動化を実現。配信可能なアセットはロジックやデータフローをはじめ、データの流れをリアルタイムに可視化する「INFOMOTION(インフォモーション)」や機械学習モデルで、これらをEnd to Endでセキュアにデプロイ可能だという。

ZenmuTechが提供するデータ無意味化ソリューション「ZENMU(ゼンム)」は、AONT(All-or-Nothing Transform)方式の秘密分散技術を用いて、情報を意味のない状態に変換、分割(無意味化)し、万が一、分割片の1つが盗まれても一部の情報を推測することさえ不可能な状態にでき、全ての分散片が揃ってはじめて元の情報に復元可能になるという。

今回の業務提携による最初の共同プロジェクトとして、両社のテクノロジーの融合により、IoT分野での制限された通信環境下において、通信速度や費用の制約により一元的に集約できないデータを、安全に分散して管理し、必要に応じて利用可能にする製品の開発を行う。

IoTにおいては、LPWAと呼ばれる低速・低コストな通信規格の登場により、コストを抑えた導入が可能となったことで普及が加速することが期待されている。しかし、そのような低速通信規格の場合、クラウド上にアップするデータ量は制限する必要があるが、プロジェクトによっては機器が故障した場合の事後診断用などのために詳細データを必要とする場合がある。その際、クラウドにアップできないデータをローカルに保持したままにすると、データの漏洩や改ざんなどのセキュリティリスクが発生する。

両社の持つテクノロジーにより、秘密分散技術を用いてデータを無意味化することで、IoT機器データの漏洩や改ざんリスクをなくしながらも、データの保管や通信コストを大幅に削減することを目指している。

【関連リンク】
ウフル(Uhuru)
ゼンムテック(ZenmuTech)

Previous

NTTコミュニケーションズ、IoT Platformサービス「Things Cloud」の提供を開始

Moff、MRI、早稲田エルダリーヘルス事業団、ウェアラブルIoTを活用した高齢者自立支援サービス「モフトレ」の実証実験を開始

Next