シーメンス、クラウドベースの産業用オープンIoTオペレーションシステム「MindSphere」提供開始

シーメンスは、クラウドベースの産業用オープンIoTオペレーションシステム「MindSphere(マインドスフィア)」の実証試験フェーズを順調に完了し、4月より日本でも提供を開始する。当面はベータ版のリリースだが、継続的に開発を進めていくという。

「MindShpere」は、幅広い分野の事業会社が予防保全、エネルギーデータ管理やリソースの最適化などの領域でデジタルサービスの基盤として用いることができる、オープンなエコシステムとして設計されている。とりわけ機械メーカーやプラント建設業においては、サービスの目的で全世界の機械や設備をモニタリングしたり、ダウンタイムを減らしたり、最終的には新しいビジネスモデルを提供することも可能になるという。

また、「MindSphere」はシーメンスのデータベースサービスも担っており、たとえば、工作機械の予防保全(Machine Tool Analytics)や統合型ドライブシステム(Drive Train Analytics)などがある。

どの分野の製造業であれ、装置や設備、プラントをMindSphereにつなげるために、シーメンスは産業用ゲートウェイの「MindConnect Nano」を提供する。これは実証試験で得た経験を生かして開発に至ったもの。「MindSphere」につなげるためのその他のオプションには、ソフトウエアの仲介をするソフトウエア開発キット(Software Development Kit)や産業用オートメーションシステムSimaticとの統合などがあり、いずれも将来的に市場投入していくとしている。

【関連リンク】
シーメンス(Siemens)
MindSphere(マインドスフィア)

Previous

IoT人気記事ランキング NTTコムのIoT Platformサービス、IoT/AI Careerなど [4/3~4/9]

経済産業省、IoT・ビッグデータ・AIの活用により産業保安のスマート化に先行的な25社の取組みを発表

Next