Googleの新しいAIを使った画像描画ツール「AutoDraw」

IoTNEWS Global

グーグルが機械学習を使っているAutoDraw(自動絵描き)という新しいウェブベース画像描画用ツールを公開した。同社が画像描画用ツールを公開するのは初めてではなく、目的は独自のAIを学習させることだと思われる。

前回、2016年11月に公開されたAIを使ったQuickDraw画像描画ゲームはユーザーが20秒で書いた絵をAI(ニューラルネットワーク)が判定するという仕組みだった。

今回のAutoDrawが機械学習を使って、自動モード(autodraw)でユーザーが書いた絵は何かといくつかの選択肢をスクリーンのトップに表示し、そこからユーザーが描きたかったものに近い絵を選んで、色やテキストを入れてPNGとして保存やシェアできる。同記事に使っている画像をAutoDrawで作ってみた。

AutoDraw: Fast Drawing for Everyone

自動提案されている絵が画家によって提供されたものである。絵の数はまだ限られているので、画家が自分の絵も提供できる。また、同プログラムが現在認識できる描画は数百枚であり、ユーザーがAutoDrawに追加したいものを提案できる。

同アプリは創造ツールであり、ポスターなどの作成に使用できる。アプリは無料で、パソコン、タブレットやスマートフォンのどちらにも対応している。

Link: AutoDraw

Previous

スペクトラム・テクノロジー、スマートメータ/HEMSの現場調査用「Wi-SUN向け電波テスター」を販売

スカイディスク、IoT時系列データに特化したAI分析「SkyAI」提供開始

Next