マジックソフトウェアのシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」、IoT標準技術をサポートした新バージョンを発表

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社は、同社が開発・提供するシステム連携プラットフォーム「Magic xpi integration Platform※」(以下、Magic xpi)の新バージョン、「Magic xpi 4.6」を2017年5月中旬より販売開始予定であると発表した。

今回リリースされる「Magic xpi 4.6」では、IoTやWeb関連の標準技術のサポート拡大や、SAP S/4 HANA対応、コネクタを独自開発できるSDKの提供など、多くの機能拡張がなされている。併せて、従来の買取り型の価格モデルに加え、月額/年額ベースでのサブスクリプション・ライセンスモデルも提供を開始。

「Magic xpi 4.6」の主な新機能は以下の通り。

  • IoTデータ通信の標準プロトコルMQTTをサポート
  • データ照会・更新のためのオープンなWebプロトコル、OData(Open Data Protocol)をサポート
  • SAP アダプタ機能拡張
    – SAP S/4 HANA対応
    – SAP Business One HANA対応
  • Microsoft Dynamics CRMアダプタの機能拡張
  • フィールドサービス業務支援クラウドサービス「ServiceMax」との連携アダプタを新規追加
  • .NETとJavaで独自のコネクタ・アダプタを開発できるSDK“コネクタビルダー”を提供
  • WCF(Windows Communication Foundation)Client機能
  • JSONデータの編集・加工がデータマッパーで「線を引くだけ」
  • Visual Studioベースの開発環境で開発時の操作性と生産性が向上

※「Magic xpi Integration Platform」:複雑なプログラミングをすることなくドラッグ&ドロップで開発できるビジュアルな開発環境と、主要なアプリケーションやサービスを連携できる100以上のアダプタ、コネクタ群を提供しているシステム連携ソリューション。

【関連リンク】
マジックソフトウェア(Magic Software)

Previous

リアルタイム・データのグラフィックな可視化と監視ができるSLのRTView、富士通のEnterprise Postgresと連携

IoT人気記事ランキング 「スマート化に先行的な25社の事例」、「国内IoT市場のテクノロジー別市場予測 IDCレポート」など [4/10~4/16]

Next