センシング技術を活用したスマートミラーを開発するNovera、ABBALabを引き受け先とする第三者割当増資を実施

株式会社Noveraは、2017年4月7日、株式会社ABBALabが運用するABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施した。今回の増資は、スマートミラーの可能性を最大限に引き出すセンシング技術の開発をさらに加速させることを目的としている。

鏡をインターネットに繋いだ「スマートミラー」は、情報を表示するだけでも十分に便利なIoTデバイスになるが、鏡の持つ「受動接触」や「必ず自分と面と向き合う」という特性をセンシング技術でさらに生かすことで、スマートミラーの可能性をより引き出すことができると同社は考え、今回の増資にてさらにその開発を加速するとしている。

【関連リンク】
ノベラ(Novera)
アバラボ(ABBALab)

Previous

NTTドコモ、360度映像を表示しながら飛行可能な「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発

インダストリー4.0の本場ドイツのスマートファクトリー、その本質は何なのか? 設計終了後5分で製造が始められる秘密 —シーメンス 島田氏インタビュー 第一回

Next