ヤマト運輸とDeNA、「ロボネコヤマト」実用実験を開始

ヤマト運輸株式会社と株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA) は、2017 年4月17日(月)から2018年3月31日(土)の期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼 海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクト の実用実験として、新しい受取り方を検証する2つのサービスを開始する。

将来的には自動運転を目指すが、現時点ではドライバーによる有人運転となる。しかし、ドライバーは荷物の発送・受け取りは行わず、顧客自身が荷物を車両から取り出す仕組みで実験が行われる。

現在の対象者は、鵠沼海岸 1丁目~7丁目、辻堂東海岸 1丁目~4丁目、本鵠沼 1丁目~5丁目に住んでいるクロネコメンバーズ加入者。営業時間は、 通常の宅急便と同じ8時~21時。

https://youtu.be/KmT_DJgM1Z8

現在「ロボネコ」のサービスは2つある。1つは宅急便の荷物を、欲しいときに欲しい場所で受け取れる「ロボネコデリバリー」。コンセプトムービーでは、女性と子どもがテラスで食事をしているときにロボネコ車が登場したり、男性会社員が帰り道にロボネコ車を開け、自身で荷物を受け取ったりしている様子が紹介されている。

利用方法としては、クロネコメンバーズ内で配送場所、配送時間枠を10分単位で指定すると、到着の3分前に電話で連絡がくる。車が到着したら、二次元コードか暗証番号で保管Boxのロックを解除し、荷物を受け取る流れだ。

ヤマト運輸とDeNA、「ロボネコヤマト」実用実験を開始

もう1つは「ロボネコストア」というサービスで、地域商店の商品をまとめて購入、「欲しいとき」に、「欲しい場所」で受取れるもの。

配送先が上記対象地域内であれば、だれでも利用可能。受取り時間は、最大で8時~21時 各加盟店ごとに営業時間は異なる。利用可能店舗は、地域のスーパーや飲食店など、約20の加盟店の商品が購入可能。1回の購入が3,000円(税込)以上の場合、利用料は無料。3,000円未満(税込)の場合は商品代金に加え、別途324円/件(税込)かかる。

今後、DeNAのIT技術を活用した自動運転関連のサービス設計ノウハウとヤマト運輸の物流ネットワークを組み合わせることで、より利便性が高く、自由なライフスタイルを実現する物流サービスを目指す。

Previous

インダストリー4.0の本場ドイツのスマートファクトリー、その本質は何なのか? 設計終了後5分で製造が始められる秘密 —シーメンス 島田氏インタビュー 第一回

OKI、車載電子機器・装置のEMC試験と信頼性試験を行う「カーエレクトロニクス テストラボ」開設

Next