NVIDIAとFacebook、ディープラーニング フレームワーク「Caffe2」を拡充

この記事はNVIDIAのブログ記事で発表された内容である。

NVIDIAとFacebookは、Caffe2を利用して人工知能を進化させる、共同開発の結果を発表した。Caffe2とは、Facebookのオープンソース コミュニティに対する貢献により実現した、新しいAIディープラーニング フレームワークだ。

世界は毎日、テキスト、写真、ビデオなど、情報を生み出している。Facebookは、このような情報の管理に役立つ新しいAIシステムを開発し、情報の量が増えていったとしても、人々が世界をより適切に理解し、より効果的なコミュニケーションを図れるようにしている。Caffe2 を利用すると、開発者と研究者は、大規模に分散されたトレーニング シナリオを作成でき、エッジ デバイス向けの機械学習アプリケーションを構築できるようになる。

AI対応サービスのモバイルでの提供は、一瞬のうちに完了しなければならない、複雑なデータ処理タスクだという。超高速のAIサービスの処理は、FacebookのBig Basinサーバーにより提供されるようなGPUによって加速されたコンピューティングや、加速されたハードウェアの能力をフルに活用できる、高度に最適化されたディープラーニング ソフトウェアをますます必要としている。

NVIDIAとFacebookは、Caffe2ディープラーニング フレームワークの開発を通じ、AIの加速化を実現。共同のエンジニアリングにより、NVIDIA GPU ディープラーニング プラットフォームのメリットをフルに活かせるよう、徹底的にCaffe2を微調整してきた。

Caffe2は、cuDNN、cuBLAS、NCCLといった最新のNVIDIA Deep Learning SDKライブラリを利用し、マルチGPUにより加速されるハイパフォーマンスなトレーニングと推論を実現するという。その結果、ユーザーは、AI対応のアプリケーションの開発に集中できるようになり、Caffe2 がNVIDIA GPU システムにおいて最適なパフォーマンスを実現することがわかるとしている。

Caffe2は、迅速でスケーラブルかつポータブルなディープラーニング フレームワークになるよう設計されている。64基のNVIDIA Tesla P100 GPU アクセラレーターを備え、ネットワーク接続された8台のFacebook Big Basin AI サーバー上で、スループットが57倍に加速された、ほぼ線形スケーリングのディープラーニング トレーニングを実現するとしている。つまり、開発者は、かつてないほど迅速にAIモデルをトレーニングし、反復実行することが可能になるという。

両社のコラボレーションの一環として、NVIDIA DGX-1 AI スーパーコンピューターは、ディープラーニング向けに最適化されたソフトウェア スタック内において、Caffe2を提供する初のAIシステムになる。DGX-1とCaffe2を組み合わせ、高いパフォーマンスと迅速なトレーニングを実現。DGX-1向けCaffe2は、NVIDIA DGX-1 Container Registryを通じて顧客に提供される。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)
フェイスブック(Facebook)

Previous

富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業

アドバンテック、三菱電機のe-F@ctory Allianceに加盟

Next