グーグル・ホーム、複数ユーザー対応、個人を識別する音声認識機能を追加

IoTNEWS Global

4月20日、グーグルは独自のグーグルホームアシスタントに複数ユーザーサポート機能を追加したと発表した。一つの機械に6人までのユーザー登録が可能になったという。

新しいユーザーをグーグルホームに登録する時、本人のグーグルアカウントを追加した後、「OK,Google」と「Hey,Google」を2回づつ言わなければいけない。同セリフがニューラルネットワークによって分析され、個人の声の特徴が検出される。これからグーグルホームの起動言葉を言うと、それは登録されたサンプル分析に比較され、ユーザー識別が実施される。本過程はデバイス内で実行されるため、一秒もかからないという。

この機能の追加でスマートホームアシスタントの本当のパーソナル化が実現されるため、大きいメリットである。これからは話している人の声に基づいて、ホームアシスタントが通勤ルート、音楽、スケジュールなど、その人のアカウントをベースに適切な情報を提供できる。

現時点で、この機能がアメリカで展開され、数か月後でイギリスでも展開される予定だ。

一方、現在アマゾン・アレクサ用1万スキール以上が開発されているが、複数ユーザー設定をするにはアプリ内の操作が必要であり、個人を識別する音声認識機能はまだない。

個人を識別する音声認識機能こそがグーグルホームの普及に後押しになるかもしれない。

Source: Google Blog

Carpool | Google Home now supports multiple users

Previous

HPE Aruba、 IoT導入状況に関する世界20か国での調査結果を発表

DJI、ライフセーバーに空撮技術を提供

Next