DJI、ライフセーバーに空撮技術を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
DJI、ライフセーバーに空撮技術を提供

DJIは、オーストラリアのSurf Life Saving Central Coast (SLSCC)と共同で、オーストラリアのビーチにおける捜索救難活動をドローンで支援すると発表した。

DJIとSLSCCは、6ヶ月間の準備期間を経て、DJIの空撮プラットフォームとSLSCCの捜索救難手順の統合を開始している。捜索救難手順には、サメの居場所や溺れている海水浴客の発見、海岸の危険な岩場の識別や、ライフセーバーの誘導などが含まれる。ライフセーバーには、瞬時に意思決定を行うための信頼できるシステムが必要で、彼らがより効率的かつ安全に活動が行えるようDJIのドローンが支援している。

「DJIは、世界中の捜索救難隊と緊密に協力し、時間的な制約があり、また危険な状況下でドローンがどのように現場で活用できるかを特定しています。世界有数の捜索救難隊がいるオーストラリアで、ドローンを活用し海水浴客やサーファーの安全を守る活動をSLSCCと共にできることをとても誇りに思っています」と、DJIのCaroline Briggert氏は述べた。

SLSCCの捜索救難隊ディレクター、Brett Beswick氏は、「歴史的にみても、私たちがサメを見つけるのは、海岸に非常に近い場所、つまり海水浴客のすぐ近くです。しかし、ドローンを使えば、まったく新しい視点からサメをより早く効率的に見つけることができます。今までは、サメが海岸からいなくなったかどうかもわからないまま、ビーチを30分間閉鎖していましたが、隊員はDJIのドローン技術を使うことで、極めて安全に現場の状況を確認できるようになります」と述べている。

ドローンによる空撮はサメの監視だけでなく、海や岩石の岬で行方不明になっている海水浴客や漁師の捜索や救援活動に重要な情報を提供する。DJIの山岳地帯での調査によると、ドローンは1平方キロメートル内にいる人物を20分以内に発見することができるという。これは、従来の方法と比較すると5倍の早さで、岩石の多い海岸線でも同様な結果が得られると予想される。

DJIによるドローンを活用した人命救助の研究では、世界中で少なくとも59名の人命救助を確認しているという。また、ドローンが捜索救難活動で重要な役割を果たしている事例の多くは、ここ10ヶ月間で報告されていることから、今後のより広範囲なドローン利用により、ドローンが捜索救難活動に貢献できる大きな可能性を示しているとしている。

DJIは、2016年11月に捜索救難用ソリューションのDroneSARを発表した。このソリューションは、標準カメラ、赤外線カメラの両方から、映像と動画のライブストリーミングを災害時指令センターや現場の捜索救難隊に提供する。DroneSARは非救助者のGPS座標へのタグ付けが可能で、自動で捜索隊チームにEメールまたはSMSメッセージを送信し、地上にいる隊員は非救助者のいる現場まで迅速に到着することができる。また、すべての活動パターンを完全に記録、ログ化して、チームでの共有も簡単に行えるという。

【関連リンク】
ディー・ジェイ・アイ(DJI/大疆创新科技)
SLSCC(Surf Life Saving Central Coast)