豆蔵、ねこさがしIoTサービス「ねこもに」提供開始

株式会社豆蔵ホールディングスの事業会社である株式会社オープンストリームは、IT技術で迷い猫の探索をサポートする「ねこさがしIoTサービス『ねこもに』」を、2017年6月19日に発売・サービス提供開始する。提供開始に先立ち、2017年5月2日正午より先行予約受付が開始される。

「ねこもに」とは、「ねこもに発信機」を身につけたねこを探すアプリ&サービス。ねこに装着させた「ねこもに発信機」から発せられた電波を、iPhoneにインストールする「ねこもに専用アプリ」で受信し、ねこのいる場所を専用アプリの地図上に推定表示。ねこさがしをサポートするという。「ねこもに」の特長は以下の通り。

  1. はじめ方は簡単
    手持ちのiPhoneに、ねこもに専用アプリ(以下、専用アプリ)をインストール(*1)。専用アプリを起動し、新規ユーザー登録後、ねこもに発信機(以下、発信機)とペアリング(*2)する。ねこに市販の首輪などを使用して発信機を装着する。
    豆蔵、ねこさがしIoTサービス「ねこもに」提供開始
  2. ねこライフに安心を提供。迷い猫の位置を探索・早期発見をサポート。
    iPhoneにインストールした専用アプリが、ねこに装着した発信機が発するBLE(Bluetooth Low Energy)電波(*3)をキャッチすると、専用アプリの地図上にねこがいそうなエリアを推定表示(*4)。
    推定表示されたエリアへ歩み進むと、ねこの位置推定が繰り返される中でエリア特定精度が向上、ねこのいそうなエリアが絞られていき(*5)発見につながる。
    豆蔵、ねこさがしIoTサービス「ねこもに」提供開始
  3. 「ふれあいメーター」で、もっと仲良く。
    ねこと利用者の関係を見える化する「ふれあいメーター」機能を専用アプリに搭載。ねことの親密な関係をSNSに投稿・シェアすることも可能。
    豆蔵、ねこさがしIoTサービス「ねこもに」提供開始
  4. ねこもに発信機は、軽く、優しく、ねこ思い。
    ねこへの負担軽減を考慮した「ねこ専用」発信機。コンパクトかつ約10gの軽量、日常生活防水仕様(IP44相当)、内蔵電池(*6)は約1年間のロングバッテリーライフで、メンテナンスフリーに寄与。装着するねこの不快感低減を考慮し、発信機のカド部分はラウンド加工したフォルムを採用。
    豆蔵、ねこさがしIoTサービス「ねこもに」提供開始
    <発信機 仕様>
    型番    :OSNM-001
    サイズ   :縦22.4mm×横44mm×厚さ8mm
    質量    :約10g
    電池寿命  :使用開始から約1年(使用状況により変動)
    防水    :日常生活防水(IP44相当)
    通信方法  :Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)
    無線    :周波数帯 2.4GHz
    通信有効距離:最大約75m(実測値。接続機器・使用環境に依存する)
  5. ねこもに発信機ケースも用意。
    発信機のサイズ、軽さを考慮してデザインした布製のケース。
    豆蔵、ねこさがしIoTサービス「ねこもに」提供開始
    <ねこもに発信機ケース 仕様>
    サイズ:縦 約34mm × 横 約53mm
    質量 :約3g

ねこもに発信機、ねこもに発信機ケースの販売、販売価格について
ねこもに発信機、ねこもに発信機ケースは、Amazon.co.jpにて販売予定。価格は、発信機、発信機ケースともにオープンプライス。
・ねこもに発信機    5,900円(税別・送料別)
・ねこもに発信機ケース 1,200円(税別・送料別)

*1:専用アプリは無料。App Storeからダウンロード、インストールする。
*2:発信機と手持ちのiPhoneを通信可能な状態にする設定作業のこと。
*3:発信機が発するBLE電波の通信有効距離は最大約75m(実測値。接続機器・使用環境に依存する)。
*4:位置情報はiPhoneのGPS精度、BLE電波の受信強度に依存する。専用アプリのねこをさがす機能は、屋外での使用を想定。
*5:同機能について、特許出願中。
*6:内蔵電池は交換できない。

【関連リンク】
豆蔵ホールディングス(Mamezou Holdings)
オープンストリーム(Open Stream)

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

パナ社内ベンチャーのPUX、AI学習型人物動線計測ソフトウェア 「Softsensor Analytics Edge」ライセンス提供開始

オムロン、機械学習型AI搭載「マシンオートメーションコントローラー」を開発

Next