ゼンリンデータコムとALSOK、「ロボット案内ソリューション」の検討を開始

株式会社ゼンリンデータコムは、綜合警備保障株式会社(以下、ALSOK)と、セキュリティとサービスのレベルを向上させ施設の付加価値を高める「ロボット案内ソリューション」の検討を開始した。

同サービスは、ALSOKが販売する案内・警備のコミュニケーションロボット「Reborg-Ⅹ(リボーグエックス)」を活用し、タッチパネルと音声での店舗紹介と、ロボットが今いる場所からの最短ルートを案内。2017年 夏~秋頃の販売を目標として検討を進めていくとしている。今後は、ロボット自身の自動走行により、目的地までのナビゲーション機能の追加も予定されている。

「ロボット案内ソリューション」の特長は以下の通り。

  • 施設側が持っている地図が簡単に取り込めすぐに利用できる。
  • 通路のネットワーク設定や各店舗(名称・施設詳細などの)情報が登録可能。

「ロボット案内ソリューション」の導入効果は以下の通り。

  • 警備面、サービス面両方の効率化とコストの削減
  • 施設のステイタスアップと販売実績の向上
  • ユビキタス社会への対応
  • 多言語を活用することで外国人への利便性向上

【関連リンク】
ゼンリンデータコム(ZENRIN DataCom)
綜合警備保障(ALSOK)

Previous

NEC、KCCS、ミツウロコクリエイティブソリューションズ、「SIGFOX」によるAI・IoTを活用したLPガス配送業務効率化事業の提供に向け協業開始

経産省、スマートマニュファクチャリング技術やクラウドサービスなど注目分野の特許出願技術動向調査を発表

Next