TDIプロダクトソリューション、農業向け遠隔監視制御システムの販売開始  ~IoT化であらゆる場所の環境が監視可能に~

情報技術開発株式会社の連結子会社であるTDIプロダクトソリューション株式会社(以下TDIPS)は、2015年11月2日(月)に遠隔監視制御システムの販売を開始する。

 

【「遠隔監視制御システム」開発の背景】

食料自給率向上や、付加価値の高い農産物の安定供給、安心安全な食の提供など、国内において農業生産者への期待はますます高まっている。しかしなが ら、労働人口は減少傾向にあるため、いかに低コスト・省エネルギーで農業生産性を向上していくかが、重要となっている。

農業用ハウスや植物工場などの施設栽培は、環境を一定に保つため自然環境の影響が少なく、同一品質の農作物を安定供給するのに向いている。ただし、現 在の農業用ハウスでは、安定供給を行うために施設内の温度・湿度・土壌水分の計測など、日々の栽培管理は欠かせない。そのため、農業従事者の休暇が取り づらいという課題がある。

TDIPSは、これまで培ってきたネットワーク制御技術を活用し、その課題を解決するため、遠隔監視制御システムを開発した。このシステムは、IoTを取り入れたプロジェクトであり、農業分野だけでなく他分野への拡大を目指していく。

 

【「遠隔監視制御システム」概要】

「遠隔監視制御システム」は、農業用ハウス内に設置したカメラや温度・湿度・土壌水分センサーのデータをスマートデバイスやPCに送信することで、その場所にいなくても農業用ハウス内の状態を知ることができるシステムだ。

将来的には農作物の育成プロセスのデータなどを蓄積・分析し、IT技術により農作物の自動育成の実現に取り組んでいく。

TDIプロダクトソリューション、農業向け遠隔監視制御システムの販売開始  ~IoT化であらゆる場所の環境が監視可能に~

■主機能

<温度・湿度・土壌水分の表示>
温度・湿度・土壌水分を測定し、過去・現在の測定データをスマートデバイスやPCに表示。

<カメラ監視>
24時間農業用ハウス内環境を監視し、その映像をスマートデバイスやPCに表示。

 

■特徴

<選べる機能・低価格>
複数ある機能のうち必要な機能だけを選べるので、小規模農業の従事者でも利用できる価格で提供。

<シンプルなしくみ>
小型軽量なので大規模な工事をしなくてもシステムの設置・センサーの配置など気軽に変更ができる。

<不審者防止>
動体検知カメラによる侵入検知により、動画保存やパトランプ起動、メール配信(写真付)を行うことができる。

 

■提供形態・価格

<システム構成(例:温度湿度1点、土壌水分1点)>
16万円~(税抜)
※システム構成は利用者が測定したいセンサー、個数での構成となる。

<センサー数は追加可能>
温度湿度計測1点追加 1万3千円(税抜)
土壌水分計測1点追加 6万3千円(税抜)
※温度のみ計測も可能

<その他オプション(別売)>
カメラ、動体検知カメラパトランプ
※価格は告知なく変更となる可能性がある。

 

【関連サイト】
遠隔監視制御システム
TDIプロダクトソリューション株式会社
情報技術開発株式会社

Previous

ブリリアントサービス、車両遠隔操作・管理システム「BRILLIANT AUTOREMOTE」をOEM向けに提供開始

VSN、IoTに関する意識調査を実施

Next