インテルとハネウェル、物流業界のスマート化を目指して協業

IoTNews Global

5月18日、インテルは輸送中の資産追跡やインサイトを提供するロジスティクス用Intel® Connected Logistics Platform (Intel® CLP)というプラットホームを発表した。同時に、Intel® CLPプラットホーム上で動いているハネウェルのConnected Freightソリューションが発表された。

世界中のロジスティクス・輸送サービス業者の最大課題は物流の不透明性であり、貨物の紛失や生鮮食品の腐敗によって膨大な損金が発生している。インテルのCLPソリューションはこの課題を解決するために開発された。

ハネウェルの Connected FreightソリューションがスケーラブルIoTアーキテクチャーやインテルCLP、資産ごとやパケージごとに付着するセンサからなっている。同センサがセルラーあるいはWifi技術でゲートウェイに繋がり、各貨物の現在位置や環境状況(温度、湿気、振動や揺れ、傾斜、圧力、光の照 射など)のリアルタイムアップデートを提供する。プラットホームが発信するアラートに基づいて、ロジスティクス業者や配送会社がリアルタイムで意思決定し、運用コストの削減や関連資産の最大活用、サービス向上などが可能になる。

企業が将来の運営計画作成や予測に収集された細かいデータを利用し、あり得る課題を積極的に避け、全体サプライチェーンの効率化できる。

このようなスマート輸送で集められたデータが商品追跡だけではなく、需要が変わった場合、経路変更や破損された輸送物を遮るなど、もっといいビジネス決定が可能になる。また、数千件の輸送データの分析に基づいて、ロジスティクスサービスプロバイダーが破損や延長が発生する経路を予測し避けることで信頼性が高い供給網を実現する。

Source: Intel

Previous

ドローンワークスが「IoTビジネス共創ラボ」に参画、「ドローンワーキンググループ」を立ち上げ

ローム、京都大学、NextDrive、日新システムズ、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発

Next