マイクロソフトとPreferred Networks、ディープラーニングソリューション分野で協業

株式会社Preferred Networks(以下、PFN)とマイクロソフト コーポレーションは、人工知能や深層学習の実社会での活用を推進するため、ディープラーニングソリューション分野において戦略的協業することで合意した。

今回の協業により、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft AzureとPFNの深層学習テクノロジーの連携を推進し、各業種業態のビジネス課題を解決する深層学習ソリューションを提供。同協業の日本市場における展開を、日本マイクロソフト株式会社が全面的に支援するという。

両社は、同協業を通して(1)テクノロジー、(2)人材育成、(3)マーケティング、の3つの軸で連携を進めるとしている。

  1. テクノロジー
    • 深層学習に関わる技術者の課題として、複雑化するニューラルネットの学習時間の増大、増加し続けるデータの煩雑な管理、絶え間なく技術革新するアルゴリズムへの対応、深層学習を用いたシステム開発の方法論などが挙げられる。
      今回の協業では、2017年夏に、Microsoft AzureのIaaSとPFNの深層学習フレームワークChainerの親和性を高め、Chainer /ChainerMN(Multi Node)をワンクリックでAzure IaaS上に展開するAzure Templateの提供、データサイエンスVMへのChainer 搭載、Azure Batch ServicesおよびSQL ServerのChainer対応、そしてChainerのWindows対応などを進めることで、課題の解消を図る。
    • 現在主流であるニューラルネットワークのスクラッチ開発は高度な技術的知識が求められ、必要とされる投資金額も非常に大きくなっている。深層学習の実社会への適用を推進するためにはスクラッチ開発から、標準化されたソリューションへの移行が必須。これを推進するため、Microsoft Azureのデータ収集分析サービスとPFNの深層学習プラットフォームDeep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)を組み合わせ、特定のワークロードや業種向けソリューションを2017年中に提供。また、そのソリューションを展開するパートナーを両者で支援し育成を行い、より広い実社会への実装を加速させていくという。
  2. 人材育成
    • データサイエンス人材の育成は深層学習の実社会への応用の主要な課題の1つ。
      この課題を解消するために両社が連携し、大学の学生、企業内のエンジニア・研究者向けのトレーニングプログラムを2017年中に提供。また、高等教育機関向けには政府機関などのデータ関連人材育成プログラムへの参加を検討していく。
    • トレーニングプログラムはニューラルネットワークの基礎を学ぶ初級クラスだけではなく、実際に深層学習の実ビジネス事例をテーマに応用方法を学ぶ上級クラスまで提供。これらのトレーニングを通して3年間で5万人の人材育成を計画。国際競争力のあるIT人材育成を目的とする世界最大の学生向けのITコンテストであるImagine CupやAzure for Researchなどのプログラムをトレーニングのゴールとして用意するという。
  3. マーケティング
    • 深層学習は機械学習の手法の1つだが、現在人工知能という広範な意味を含む言葉に含まれる形で多くの人の目に触れている。その結果、顧客のビジネス課題を解決するために深層学習が有効なのかどうか見極めが難しくなっている。これまでマイクロソフトとPFNが培った深層学習ビジネスの知見および、Microsoft Azure、Chainer、DIMoを活用した実際の成功事例をもとに、2017年夏に各業種に向けた顧客ワークショップを開始する。
    • Chainer、DIMoが提供する最新の深層学習テクノロジーを、強固なAzure基盤上に組み込むことにより、お客様の基幹システムに組み込めるエンタープライズグレードのエンドツーエンドソリューションを2017年中に提供。
    • 深層学習でビジネス課題を解決したいお客様と、深層学習のコンサルティングや展開を行う企業とのマッチングの場として、コミュニティ”Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)”を発足。

【関連リンク】
プリファード・ネットワークス(PFN)
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

NEC、イヤホン型のヒアラブルデバイスのプロトタイプを開発

ミリメーター、3Dプリンターをインターネットに繋げて運用効率を向上させる「3DプリンターIoTキット」発売開始

Next