自動車IoTベンチャーのGMS、 FinTechを活用した低所得者向け車両提供サービスの大量導入に向け、フィリピン首都圏都市と覚書を締結

自動車IoTベンチャーのGlobal Mobility Service株式会社(グローバルモビリティサービス、以下 GMS)は、FinTech領域の独自開発IoTシステムを活用した、低所得者(BoP層)を対象とした車両提供サービスを普及させるべく、フィリピン国首都圏の中心都市であるマカティ市との間に覚書を締結した。

同取り組みにより、BoP層の雇用創出・所得水準の向上が期待されており、開発途上国におけるマイクロファイナンスのあり方を変える画期的な取り組みとして高い期待を集めている。

自動車IoTベンチャーのGMS、 FinTechを活用した低所得者向け車両提供サービスの大量導入に向け、フィリピン首都圏都市と覚書を締結

【覚書締結の背景と目的】

フィリピン国は、総人口の8割超が年間3,000ドル未満で生活をするBoP層に所属しており、その多くが高価なモノを購入する際にファイナンスを活用したくとも、与信審査が通らずモノを購入できないという問題を抱えている。

これはフィリピンに留まらず多くの新興国において同様の問題が顕在化しており、問題を解決することが経済の活性化、市民の生活水準の向上に貢献することから、新たなマイクロファイナンスのモデルが切実に求められている。

また、新興国では車両の排出ガスによる大気環境汚染が著しく、フィリピン国においても同問題の解決は切実な課題だ。

しかし多くの市民はファイナンス機会を得られないことから新たな低炭素型車両へと買い換えることは困難であり、同国のとりわけ二輪車や三輪車(以下 トライシクル)において、排出ガスの多い2ストローク車両が未だ数多く使用され続けている。

同国の中心都市であるマカティ市は、低炭素型車両(4ストローク車両、及び電動車両)への買い替えを促進させることで大気環境問題の改善を促進し、また従来車両を購入できなかった人々への車両利用機会を与え、商用タクシードライバーとしての経済参画を促すことで、市民の雇用を創出し、所得水準を向上させることを目的としている。

 

【GMSのFinTechサービス】

GMSは、車両に独自開発のデバイスを取り付けることで車両を遠隔制御する技術、そして車両関連のあらゆる情報のセンシングを行う技術を統合したIoTプラットフォームシステムである、Mobility-Cloud Connecting System(以下 MCCS)を開発した。

GMSはMCCSを活用し、これまで不可能であったBoP層への与信審査を省略した車両提供サービスを行う。

利用者からの料金支払いが滞った際には、日本から約一秒で遠隔操作により車両を停止させ、支払いを利用者のアプリ等を通じて促すと共に、位置情報を基に車両の回収を円滑に行える仕組みを構築し、与信審査を省略しながらも資産保全を確実に行うことができる画期的なサービスを構築した。

同サービスを現地の金融機関やリース会社等のファイナンス企業と共同で、BoP層へ提供するサービスを今後複数社と開始する。

 

【関連サイト】
Global Mobility Service株式会社

Previous

ボーンレックス、NTTドコモと共同で開発したシステムによる IoTハードウェアプロダクトの製品化サービス 「39Meister」をものづくりベンチャー向けに提供開始

16Lab、指輪型ウェアラブルコンピューティングデバイス新型機を発表

Next