otta、家庭用見守りホームWiFiルーターの開発を発表。共働き家庭にも安心を。〜 クラウドファンディング「makuake」にて先行予約を受付開始〜

株式会社ottaは、「みんなで、みまもる。これからの見守りサービス”otta”(読み:オッタ)」と連携し、共働き家庭で見守りを実現する「見守りホーム WiFiルーター」の発売を発表した。

発売に先駆けて、クラウドファンディング「makuake」での先行予約の受付を2015年10月6日より開始した。

 

《あなたの家庭にも見守りを》

全世帯の約6割が夫婦共働きの家庭という、日中に家を不在にしている家庭が圧倒的に多い時代。

子どもが保育園に通っている間は、仕事が終わった後に迎えに行って一緒に帰るのが当たり前だが、小学校になると一人で通学。親としてはとても心配だ。

そんな共働き家庭の親に安心を届けたいという思いから同製品の開発がすすめられた。

発売は2016年4月の予定。

見守りホームWiFiルーター

見守り端末”otta.b”を持つ子どもが、見守りホームWiFiルーターを設置した家に帰ってくると、自動的に親に帰宅したことが通知される。子どもが家に帰った事がわかる安心をお届け。

otta、家庭用見守りホームWiFiルーターの開発を発表。共働き家庭にも安心を。〜 クラウドファンディング「makuake」にて先行予約を受付開始〜

 

《あなたの街にも見守りを》

友達の家や塾、学校などにも様々な場所に見守りホームWiFiルーターが設置されていくと、自分の家だけでなく、場所街全体で子どものお出かけを見守る ことが可能。

また、専用アプリをインストールした見守り人が増えていくと、交差点など道路上での位置も細かく記録されていく。

otta、家庭用見守りホームWiFiルーターの開発を発表。共働き家庭にも安心を。〜 クラウドファンディング「makuake」にて先行予約を受付開始〜

【見守りホームWiFiルーター】

otta、家庭用見守りホームWiFiルーターの開発を発表。共働き家庭にも安心を。〜 クラウドファンディング「makuake」にて先行予約を受付開始〜

 

【関連サイト】
株式会社otta
makuake

Previous

PSソリューションズ、農業IoT「 e – kakashi ® 」で日本の農業資産を次のステージへ

ファーウェイとドコモ、5G無線インターフェース技術を検証する大規模フィールド・トライアルに成功

Next