イーソル、スマートアグリ市場向けIoT環境センシングソリューションのオプションセンサに高精度防水温度センサを追加

イーソル株式会社は、イーソルの耐環境型IoT環境モニタリングシステム「eSOL AGRInk Server」シリーズのオプションセンサとして、高精度防水温度センサの提供を開始した。水槽や水分を多く含む物体などの高精度な温度計測とデータの“見える化”を可能にするという。

eSOL AGRInk Serverは、農業生産現場のさまざまな環境データを計測する装置と、計測データを閲覧するアプリケーションで構成されるIoT環境モニタリングシステム。本体に標準で内蔵されている温度、湿度、照度測定センサに加え、二酸化炭素濃度、pH/EC、土壌水分などを測定する多彩な無線/有線センサを取り付けることが可能。水や埃、高温など屋内外の過酷な環境下での使用を想定した防水・防塵設計。ソーラーパネルを取り付けられるため、電源を引くことのできない屋外でも利用できるという。

計測データはインターネット接続ができる環境下であれば、専用アプリケーションを通してどこからでも閲覧できる。1つのアプリケーションで複数の本体の一元管理が可能。センサの異常値を設定することで、警報メールの発信や、接続した外部機器の簡易制御を実現できるとしている。

同製品はシリコン樹脂でモールド加工を施した耐環境型高精度防水温度センサ。分解能0.0078℃、精度±0.25℃、NIST標準と同等性能のトップレベルの性能を持つ半導体センサを採用し、高精度な温度データを計測できる。調整や温度校正が不要で、購入後すぐに運用を開始できるという。屋外のピンポイントの地温・水温を計測できるため、露地で栽培する農作物、温度変化に敏感な農作物の生産環境モニタリングに適しているという。通信方式はI2C(Inter-Integrated Circuit)が採用され、eSOL AGRInk Serverシリーズ以外の製品にも利用可能としている。

【関連リンク】
イーソル(eSOL)
eSOL AGRInk Server(イーソル アグリンク サーバ)

Previous

NEC、インドにビッグデータ分析ソリューションの専門組織を設立

関電とマイクロソフト、LPWA無線技術を活用したIoTサービスの提供開始

Next