関電とマイクロソフト、LPWA無線技術を活用したIoTサービスの提供開始

関西電力株式会社、関西電力グループの株式会社ケイ・オプティコムは、日本マイクロソフト株式会社と協力し、屋外における広域でのデータ収集や遠隔での機器制御等に対応する、LPWA無線技術(LoRa方式)を活用したIoTサービスを開発し、2017年7月より、顧客にてIoT導入による効果検証等を簡単かつ安価に実施できる実証環境を用意するため、PoCサービスの提供を開始する。

同サービスでは、関西電力グループの施設等に通信基地局を設置することで、屋外、広域でのデータ収集が可能。また、上り通信だけでなく、下り通信にも対応した無線通信機器が採用され、遠隔、双方向で機器制御等が可能であることから、LPガスメーターの遠隔検針・遮断弁の制御といった広いフィールド環境における双方向通信を要するニーズに対応することができるという。

さらに、データの収集・分析には、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームサービス Microsoft Azureを活用することで高い拡張性(※)とセキュリティを確保しつつ、AI等の機能と組み合わせることで、さまざまなニーズに迅速に対応することができるとしている。

同サービスは、LPガスメーターの遠隔検針・遮断弁の制御といった広いフィールド環境における双方向通信を要するニーズに対応しており、さまざまな産業領域および自治体等での利用が想定されている。

関電とマイクロソフト、LPWA無線技術を活用したIoTサービスの提供開始

今回のPoCサービスは、同サービスの本格展開に先駆けて、顧客がIoT導入による効果検証等を簡単かつ安価に実施できるよう、実証環境を用意するもの。具体的には、センサー、通信端末・通信基地局による最適なネットワークの構築から、データ収集、収集データの分析・見える化といったIoTプラットフォーム機能の用意まで、ケイ・オプティコムがワンストップで提供する。また、通信端末・通信基地局については、利用しやすい価格にてレンタルで提供するという。

提供内容 価格(税抜)
通信基地局 1台あたり 35,000円/月(レンタル)
通信端末 1台あたり 1,500円/月(レンタル)
Microsoft AzureによるIoTプラットフォーム
(データ収集、可視化アプリケーション)
上記価格に含む

※mineo利用料含む
※センサー費用、通信基地局の工事費、アプリケーション開発支援費用は別途個別に見積り

関西電力グループおよび日本マイクロソフトは、PoCサービスの提供を通じて、IoTに求められる機能等の技術検証をさらに進めるとともに、IoTのニーズやビジネス性の検証を行い、2018年度に本格展開することを目指すとしている。

※顧客のニーズに合わせ、データの保存容量等を迅速に変更することが可能

【関連リンク】
マイクロソフト(Microsoft)
関電(KEPCO)
ケイ・オプティコム(K-Opticom)

Previous

イーソル、スマートアグリ市場向けIoT環境センシングソリューションのオプションセンサに高精度防水温度センサを追加

タケロボ、イオンフィナンシャルサービスにAI技術を活用したコンシェルジュ業務を行うロボット「デジタルコンシェルジュ」を提供

Next