日立、顔認証機能を搭載した新型の呼気アルコール検知器で実証試験を開始

株式会社日立製作所(以下、日立)は、顔認証機能を搭載した新型の呼気アルコール検知器を試作し、日立キャピタルオートリース株式会社と実証試験を開始する。

日立は、2016年3月にポータブル呼気アルコール検知器を試作後(※)、センサーの高性能化・小型化やアプリケーションの開発を進めてきた。2017年3月には、ドライバーの検査データをスマートフォンに集計して管理する機能を搭載した試作機で実証試験を開始し、さらに2017年8月からは、アルコール検査した人物とドライバーが同一人物かを顔認証する機能により、なりすましの防止が可能な新型の検知器を導入予定としている。

日立キャピタルオートリースの3営業所の社員を対象に、検知器の機能・性能の検証や課題抽出を目的として実証試験を行うことで、信頼性およびユーザビリティの向上を図り、実用化を目指すとしている。

日立は、飲酒運転による事故撲滅をめざし、2016年3月に株式会社本田技術研究所と共同でポータブル呼気アルコール検知器を試作した。どこででも検査できる利便性と、人間の呼気かどうかを判別して不正利用を防止する機能を備えていたが、検査の際に身代わりを立てればなりすましが可能であることや、各ドライバーの検査結果を一元管理できないという課題があったという。

そこで日立は、なりすまし防止や検査データの管理などを可能とする機能を開発し、試作した新型の呼気アルコール検知器の実用性検証のため、日立キャピタルオートリースと共同で実証試験を行う。開発した機能の特長は以下の通り。

  • 顔認証によるなりすまし防止機能
    新型の検知器は、バッテリーや関連回路を削減することで、従来と同じアルコール検知精度を持ちながら、約3分の1のサイズに小型化している。これにより、スマートフォンへの取り付けが可能となり、また、検知器と連携可能なアプリケーションの開発により、顔認証機能が使用可能となった。使用者はまず、新型の検知器をスマートフォンに取り付けてからアプリケーションを起動し、アルコール検査と同時に顔画像を取得。その後、運転席にスマートフォンを設置して再度ドライバーを撮影することで、アルコール検査者とドライバーの画像とを照合して本人確認を行う。これにより、アルコール検査だけを身代わりに頼むといったなりすましの防止に貢献するという。
  • 呼気アルコール検査データ管理機能
    呼気アルコール検査結果を検知器からスマートフォンに送信し、集計するアプリケーションを開発。ドライバーの安全管理者は、集計した検査時刻、アルコール検知の有無、端末IDなどのログデータをスマートフォンやPCに取り込んで確認できるようになるため、管理業務の効率向上や、遠隔地でのアルコール検査の管理が可能。

今後、日立と日立キャピタルオートリースは、同実証試験を通じて呼気アルコール検知器の信頼性およびユーザビリティの向上を図り、実用化を目指すという。

※2016年3月24日ニュースリリース「スマートキー対応のポータブル呼気アルコール検知器の試作に成功

【関連リンク】
日立(HITACHI)
日立キャピタルオートリース(Hitachi Capital Auto Lease)
本田技術研究所(Honda R&D)

Previous

安川電機、マシンコントローラMPシリーズ「CC-Link IE Field スレーブモジュール」を発売開始

ソラコム カンファレンス “Discovery” 開催

Next