伊藤忠商事、ファミリーマート、LINEが業務提携、ファミリーマートの次世代店舗でクラウドAIプラットフォーム「Clova」など各種サービスを連携

伊藤忠商事株式会社、株式会社ファミリーマート、LINE株式会社の3社は、ファミリーマートと伊藤忠商事が取り組む次世代店舗において、クラウドAIプラットフォーム「Clova」をはじめとしたLINEの各種サービスを連携させ、新製品・新技術・新サービスの開発を協力して推進することを目的とした業務提携に関する基本合意書を締結した。

伊藤忠商事は、早くから生活消費関連分野に注力し、総合商社における非資源ビジネス分野で確固たる地位を築いている。特に流通分野においてはファミリーマートの筆頭株主として、同社の企業価値の向上に向けた取組・支援をしている。また、IT分野においては、30年以上に渡るベンチャー投資活動を通じて、先端技術や先進的なビジネスモデル・サービスモデルを活用した新規事業開発を国内外で積極的に推進している。

ファミリーマートは、国内外に約24,000店を展開している。今後はAIやIoTを積極的に活用し、より顧客との心の通い合ったコミュニケーションに注力できる「次世代店舗」の構築に、様々なステークホルダとともに取り組んでいるという。

LINEは、日本国内で6,800万人(MAU、2017年3月末時点)を超える豊富なユーザー基盤と、アクティブ率をベースに、「LINEからすべてがつながる世界」を目指すスマートポータル構想を推進している。また、”ポストスマートフォン、ポストディスプレイ、ポストタッチ“時代に向けた新たな戦略としてクラウドAIプラットフォーム「Clova」の開発を進めている。

3社は、ファミリーマートが目指す次世代店舗において、顧客のニーズや購買履歴等に合わせたコミュニケーション基盤の整備に向け、クラウドAIプラットフォーム「Clova」をはじめとしたLINEの各種サービス等を連携させた製品・技術・サービスの開発を協力して行い、海外展開に関しても推進することを検討していくとしている。

【関連リンク】
伊藤忠商事(ITOCHU)
ファミリーマート(FamilyMart)
LINE
Clova(クローバ)

Previous

経産省、ロボットシステムインテグレータのスキル標準・プロセス標準の資料公開

デジタル、古い工作機械からMT-LINKiを使用したデータ収集を実現

Next