KPMGコンサルティング、 「Microsoft HoloLens導入支援サービス」の提供を開始

KPMGコンサルティング株式会社は、マイクロソフトが提供する世界初の自己完結型ホログラフィックコンピューターである「Microsoft HoloLens」(以下:HoloLens)を活用した製造業向けのアドバイザリーサービス、「Microsoft HoloLens導入支援サービス」の提供を開始した。

近年、デジタル・ディスラプション(デジタル時代の創造的破壊)が業界・業種を問わず、急速に現実のものとなりつつある中、国内の製造業においては、デジタル技術を活用した更なる作業効率と品質の向上を実現するための不断の取り組みが実施されているものの、大きな効果に至っていないのが実情だ。データサイエンスやデータアナリティクスといった手法は活用されてはいるものの、競争力の向上に至っていないケースが多く見受けられるという。

こうした中KPMGコンサルティングでは、製造現場における作業効率と品質の向上の実現には、現場からの純度の高いデータ(たとえば画像データや音声データ等)の活用とともに、経営の意思決定のスピードアップが不可欠であると考え、複合現実技術であるHoloLensを活用し、経営における意思決定のスピードアップと、製造現場の効率化と品質の向上を支援する。

HoloLensは、透過型のヘッドマウントディスプレイ(HMD)を通して現実世界とデジタル(仮想)世界を融合させることで、複合現実を実現する。これまでの仮想現実(Virtual Reality)では、HMDを装着したユーザーは現実世界から遮断された仮想世界の中のみを見ることができたが、HoloLensによる複合現実では、ユーザーは視界にある現実世界の中にホログラム(3D映像)を自在に映し出すことができ、また実際にユーザー自身の手を動かすことでホログラムを動かすことが可能になる。

たとえば、会議室でHoloLensを使用した場合、ユーザーの目の前の会議テーブル上に試作中の新製品を3D映像として映し出すことができ、さらに、映し出された新製品は会議テーブル上で自在に回転させることでさまざまな角度からの検証が可能になる。

さらに、HoloLensは自己完結型ホログラフィックコンピューターであり、コンピューターなど他の機器に接続する必要がないことから、屋内に限らず製造現場などあらゆる場面での活用を可能にする。

「Microsoft HoloLens導入支援サービス」の概要

「Microsoft HoloLens導入支援サービス」では、HoloLensを次世代のエンタープライズ・エッジデバイス(Enterprise Edge Device)と位置付けるとともに、クラウドコンピューティングプラットフォームであるMicrosoft Azureと連携させることで、企業における更なる情報活用改革を目指す。

企業の製造現場と本社など、異なる複数拠点でHoloLensを装着した意思決定者がクラウド環境で繋がることで、現場で起きている課題をリアルタイムに共有でき、迅速な意思決定を行うことが可能になる。

また、製造現場の組み立て工程において、HoloLensをAI(人工知能)と連動させることで、製品の設計情報や部品情報などをリアルタイムにHoloLensに表示することで、経験の浅い作業員でも熟練作業員と同じレベルでの作業が可能となり、品質向上にも活用できる。さらに、HoloLens向けに開発された専用アプリケーションをカスタマイズすることにより、製造現場ごとに異なるニーズに対応する。

「Microsoft HoloLens導入支援サービス」の特徴

● 情報を欠落させることなく記録
● 距離を超えたリアルタイムコラボレーション
● クラウド(Azure)とのコラボレーション
● 高精度な情報を分析することによる情報活用の高度化
● 直感的・迅速・高精度な意思決定の実現

KPMGコンサルティングでは、具体的な適用例として製造現場における不具合の記録、調査、分析に活用するプロトタイプを開発し、国内大手製造業企業とともに製造現場における検証を進めている。さらに、KPMGコンサルティングでは、KPMGのグローバルネットワークの強みを活かし、各分野のプロフェッショナルと共に最適なチーム編成の下でサービスを提供する。

Previous

マーサージャパンとマイクロソフト、AIを活用した人事コンサルティングにおいて協業

エレクトロビット(EB)とNXP、高度自動運転向け新プラットフォームで協力

Next