Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携

Global Mobility Service株式会社(以下「GMS」)は、独自のIoT技術を活用したFinTechサービスのフィリピンにおける事業展開において、同国首都圏都市であるパラニャーケ市と提携した。

1. パラニャーケ市の概要

パラニャーケ市はフィリピン首都圏に位置し、マニラ国際空港を抱える同国中心都市の一つ。近年は同国随一を誇るリゾートカジノ地域としても知名度が高く、20世紀後半より人口増加が著しい都市として知られている。パラニャーケ市が経済発展を遂げる中、一方ではBOP(Base of the Pyramid)層として位置付けられ所得が一向に向上しない人々、また雇用を得ることができない人々も数多く存在し、現地の重要な社会課題の一つとなっている。

加えて、排気ガスを多く排出する旧型車両が依然として走行していることから大気汚染問題も存在し、フィリピン国は法律「Clean Air Act」により旧式車両(2ストローク車両)を禁止し取り締まる働きかけを行うものの、BOPに属し銀行口座を保有しない低所得者層の市民が多く、車両購入時のローンやリースの与信審査に通過することができないため、旧式車両の入れ替えが促進されていない実態を抱えている。

2. GMSの取り組みと、パラニャーケ市との提携

GMSは日本とフィリピンに拠点を構え、モビリティの遠隔起動制御を実現する独自のIoT技術を活用したプラットフォームサービスを日本やASEAN各国で展開しているベンチャー企業だ。フィリピンにおいては「トライシクル」と呼ばれる三輪タクシーのドライバーとして就業することを希望する人々が、車両を入手することができるサービスを展開している。

GMSの車両の遠隔起動制御を可能にするIoTデバイス“MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)”を車両に搭載することで、料金の支払いがない車両のエンジン起動を制御して支払いを促すと共に、未払い車両の確実な回収を実現することができる。それによりローンやリースにおける車両の担保、与信審査基準の緩和・審査の省略を実現し、従来はローンやリースを利用することができない人々が、車両を手に入れることができる機会を創造している。

GMSはパラニャーケ市との提携により、同市において「車両さえあればトライシクルドライバーとしての職を手にし、生活が豊かになる」という市民を対象に、車両提供するサービスを展開していく。このサービスにより、パラニャーケ市では新たな雇用の創造、所得の上昇、そして旧式車両の入れ替えを促進することによる大気環境改善が実現するという。

3. GMSの取り組みの、今後の拡がり

GMSは、これまでフィリピン首都圏都市であるマカティ市、パサイ市、ケソン市と提携し事業を展開しており、この度のパラニャーケ市との提携により計4都市との提携が実現した。今後、この取り組みを他の都市や地域に拡げていく他、同時にASEANを中心とした世界各国へと展開していく計画だ。四輪・三輪・二輪車両に留まらず、農機や建機を始めとする様々なモビリティを対象とし、金融のあり方を変える画期的なサービスを提供していく。

【関連リンク】
Global Mobility Service

Previous

エレクトロビット(EB)とNXP、高度自動運転向け新プラットフォームで協力

出光興産、AIとIoT機能を搭載した、石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY-V plus」を開発

Next