経産省、「スマートコミュニティ事例集」を作成

経済産業省は、スマートコミュニティの普及に向けて、先行事例の中から、事業概要などをまとめた「スマートコミュニティ事例集」を作成した。

スマートコミュニティとは、様々な需要家が参加する一定規模のコミュニティの中で、再生可能エネルギーやコージェネレーションシステムといった分散型エネルギーを用いつつ、IoTや蓄電池制御等の技術を活用したエネルギーマネジメントシステムを通じて、地域におけるエネルギー需給を総合的に管理し、エネルギーの利活用を最適化するとともに、高齢者の見守りなど他の生活支援サービスも取り込んだ新たな社会システムだ。

スマートコミュニティについては、これまで様々な実証事業等を進めてきた。それらの事業等を通じ、スマートコミュニティを構築する上での課題がいくつか見えてきたところだという。その課題の一つとして、事業の構成要素が多くそれらの関係性が複雑であることから、全体像を描きにくく、事業計画を立てづらい点が挙げられる。そこで、事業者等のに向けて、先行事例の中から、事業概要等をまとめた事例集を作成した。

スマートコミュニティ事例集 ⽬次

複合市街地
 柏の葉スマートシティ(⾃営線による電⼒融通) ・・・・・・・・・・5
 千住テクノステーション(多⽤途の建物への熱融通) ・・・・・・・・・11
 ⽥町スマエネパーク(エネルギーセンターの連携) ・・・・・・・・・16
 芝浦⼆丁⽬スマートコミュニティ計画(公道を挟む電⼒・熱の⾯的融通) ・・・・・・・・・22
 Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(独⾃の創蓄連携システム) ・・・・・・・・・27

複合市街地
 相模原 光が丘エコタウン(コミュニティ単位での⾃然エネルギーの積極利⽤) ・・・・・・・・・32

⼾建住宅
 パークタワー⻄新宿エムズポート(MEMSによる電⼒の最適運⽤) ・・・・・・・・・38

集合住宅
 堺鉄砲町地区スマートコミュニティ(下⽔再⽣⽔の⾼度複合利⽤) ・・・・・・・・・43

商業施設
 中部⼤学スマートエコキャンパス(キャンパス内のスマートグリッド化) ・・・・・・・・・48

教育施設
 第⼆仙台北部中核⼯業団地(供給側と需要側が⼀体となったマイクログリッド) ・・・・・・・・・54
 ⻑崎県島原市(⼯場排⽔(温⽔)の有効利⽤) ・・・・・・・・・60
⼯場
 京橋1・2丁⽬地区熱供給(複数建物間の効率的な熱融通) ・・・・・・・・・65

詳細はこちら

【関連リンク】
出典:経済産業省ウェブサイト 

Previous

マイクロソフトとラック、クラウド時代の新セキュリティ対策実現に向けた「ID-based Security イニシアティブ」を発足

ボッシュ、レーダー情報を使用した自動運転用マップを開発。オランダのマップ・交通情報プロバイダーのTomTom社と協力

Next