レオパレス21、顔認証のみでエントランスのロックを開錠できるシステムを導入

株式会社レオパレス21は、東京都港区に7月31日に竣工するマンション「LOVIE 麻布十番」において、NECの顔認証システムを導入すると発表した。

今回、導入される顔認証システムは、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」(※)を活用しており、高速・高精度の顔認証を実現。事前に登録されている居住者がエントランスに備え付けられたタブレットPCの前に立つと、瞬時に顔を検出・認証し、自動ドアのオートロックを開錠するという。

レオパレス21、顔認証のみでエントランスのロックを開錠できるシステムを導入

今回のシステムは顔認証のみで本人確認を行うため、両手に荷物を持って手が塞がっている場合も顔を近づけるだけで自動ドアのロックを開錠でき、また、ICカードやICタグを常に持ち歩かなければならないストレスから解放される。検出した顔画像や照合した結果はログとして残すことができるため、安全面での向上につながるという。

※ NECの「NeoFace」シリーズは、世界No.1*の精度・速度を誇るNECの顔認証技術を使用した顔認証製品で、PCアクセス認証やビル・施設等への入退場管理などの企業ユースから、顔パス入場などのエンターテイメント分野、さらには出入国管理や国民IDシステム等の国家レベルのセキュリティ管理まで、グローバルに幅広い用途で導入されている。
*米国政府機関主催のコンテストの結果

【関連リンク】
レオパレス21(Leopalace21)
日本電気(NEC)

Previous

FPTソフトウェアとArago、AIテクノロジーによるITサービス強化の戦略的グローバルパートナーシップを発表

BaiduのProject Apolloが始動、NVIDIAと自動運転分野で協業

Next