朝日信用金庫がIBM Watsonを活用し、事務問い合わせ対応業務を効率化

朝日信用金庫は、日本アイ・ビー・エム株式会社とローレルバンクマシン株式会社の支援により、IBM Watsonを活用した金庫内の事務問い合わせ支援システムの稼働を開始したと発表した。朝日信用金庫では新システムの導入により、問い合わせ対応に必要な事務作業の効率化を見込んでいる。

同システムでは、営業店から事務手続等に関する電話問い合わせを受けた本部の担当者が、音声認識技術にてパソコン上に自動入力された内容を「チャット形式」か「検索形式」、あるいは「両方式」を選択して問い合わせをし、IBM Watsonがその質問の意図を理解し、学習した事務規定から膨大なデータを網羅的に探し、回答候補を画面上に提示するという。

また、同システムではIBM WatsonのSpeech to Text機能を用いて音声による検索内容の入力を行い、Conversation機能を用いてチャット形式での自然な会話を行うことができるほか、Retrieve & Rank機能を用いて膨大な情報の検索およびランク付けも可能だという。

朝日信用金庫は今後、本部・営業店におけるIBM Watson活用分野の拡大を検討し、営業店端末から職員が直接同システムへ問い合わせをしたり、営業係が外訪先で事務手続等を問い合わせしたりできる環境の構築に取り組む意向だ。

【関連リンク】
朝日信用金庫(Asahi Shinkin Bank)
アイビーエム(IBM)
ローレルバンクマシン(LBM)

Previous

NEC、英国サウス・ウェールズ警察に顔認証システムを提供

NEC、リスボン市全体のデジタルトランスフォーメーションを実現するスマートシティインフラを受注

Next