Hacobu、事業者向け配送サービス「MOVO(ムーボ)」で見える化を実現

株式会社Hacobuが提供する、事業者向け配送サービス「MOVO(ムーボ)」のマイページにて、荷主様が直接、荷物を運んでいるトラックの現在地と、到着予測時刻をリアルタイムに確認ができる「見える化」の仕組みを、7月1日より提供開始した。

既に、一部の荷主の案件で導入を開始している。位置情報の取得は5秒に1回。さらに、その情報を元にした到着予測時刻も5分に1回更新される。この仕組みは、Hacobuが提供する車載専用端末「MOVOスティック」に支えられている。

これまでは、荷主様が「今、どこまでトラックが来ているのか。荷物はいつ頃届くのか」を知りたい時には、まずは荷主が運送会社の管理者へ電話などで連絡を取り、そこからさらに運行管理者がドライバーに電話をかけて確認を行うなど、非効率的なコミュニケーションが発生していた。

しかし、配送依頼サービス「MOVO(ムーボ)」を利用すると、荷主様はマイページにログインするだけで、いつでもリアルタイムに現在地の確認や、到着予測時刻の確認が取れるようになる。

直近普及が始まったビッグデータ処理技術を物流領域に応用したことにより、既存の類似製品よりも格段に高精度な情報の取得・処理が可能になったという。

このような事業者の荷物の「見える化」を実現するには、法人間物流を担う運送事業側で、リアルタイム・手軽・安価に位置情報を取得・管理できる仕組みの導入が必要だった。既存の類似サービスは、通信型デジタルタコグラフなど、1台10万円以上と高価だったり、トラックへの取付工事が煩雑だったり、導入のハードルが高いものが多く、中小が9割を占めると言われる法人間物流の世界では、導入が進んでいなかったという。

また、車載専用端末「MOVOスティック」は、スマホなどと異なり、設置後の都度操作や給電の手間もないため、ドライバーの負担を増やすことなく、位置情報管理の導入・運用が可能だという。

【関連リンク】
Hacobu
MOVO(ムーボ)

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

ALBERT、VDT社と人工知能・ディープラーニング技術を活用し獣医療における皮膚病自動判定に関する実証実験を実施

PSソリューションズ、農業IoTソリューション「e-kakashi」を、サッポロビール株式会社のぶどう園に導入

Next