ソフトバンク、エネルギーIoTプラットフォーム事業を行うエンコアードへ出資

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、エネルギーIoTプラットフォーム事業を行うエンコアード株式会社(以下、エンコアード)への出資を発表した。今回の出資に伴い、エンコアードは2017年8月1日にエンコアードジャパン株式会社(以下、エンコアードジャパン)に名称を変更する。

エンコアードは、韓国をはじめとするグローバル市場で約10万世帯に宅内設置型のIoT機器を用いてエネルギーデータのリアルタイム分析を活用したプラットフォームサービス「エネトーク」を提供しているEncored, Inc(以下、Encored)の日本法人として2016年1月に設立された。ソフトバンクはエンコアードの第三者割当増資を引き受け、2017年7月中に出資を完了する見込みだ。

エンコアードジャパンは、利用者の生活パターンを分析・予測し、生活の利便性を向上させるためのプラットフォームサービスの提供を通じ、ビジネスパートナーと共に効果的な節電アドバイスや家電製品のエネルギー効率診断、高齢者見守りをはじめとしたさまざまなサービスの実現を目指すという。また、ソフトバンクは今回の出資に合わせて、Encoredへの出資も行う。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
エンコアード(Encored)

Previous

DNP、学校の日常テストをクラウド上で自動分析し、児童・生徒の能力特性に合った個別教材を提供する学習モデルの運用を開始

NTTドコモ、ディープラーニング活用で短期間にAIを開発できるAI開発基盤を実用化

Next