MAMORIO、第40回隅田川花火大会でIoT活用の忘れ物自動通知サービスを提供

企業:

MAMORIO株式会社は、台東区役所と連携し、7月29日に開催される第40回隅田川花火大会の来場者へのサービス向上を目的として、MAMORIO Spotを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を提供する。

MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用したタグを付けるだけで、万が一の紛失時にはスマートフォンを使い、置き忘れ防止アラートと紛失場所の地図表示、ユーザーの相互捜索によるクラウドトラッキングで無くしたものを見つけることができる紛失防止IoTデバイスだ。クラウドトラッキング機能は、MAMORIOのアプリを入れているユーザー同士で協力して紛失物を探す機能。クラウドトラッキング機能をオンにすると、他のユーザが紛失したMAMORIOとすれ違った際にその場所を知らせ、紛失物を迅速に見つけることができるという。

MAMORIO、第40回隅田川花火大会でIoT活用の忘れ物自動通知サービスを提供

第40回隅田川花火大会で提供される「お忘れ物自動通知サービス」は、MAMORIOを付けた所持品を紛失した際、MAMORIO社が提供する「クラウドトラッキング機能」によって、MAMORIOを付けた忘れ物がMAMORIO Spotに到着した際に、持ち主に預かり場所のスポット名を自動で通知するものだという。

具体的には、MAMORIOから発信されている信号を、隅田川花火大会本部に設置される同サービスの専用アンテナが受信することで、MAMORIO社のサーバーを経由して持ち主に紛失物の位置情報を通知することが可能。MAMORIOを利用している来場客の忘れ物が大会本部にて回収されたことが早期にわかることによって、忘れ物を探し回る手間を軽減するという。

利用に際しては、紛失時に自身でクラウドトラッキング機能をONにしている必要がある。大会本部に届けられた忘れ物は、隅田川花火大会実行委員が預かっているため、クラウドトラッキングの通知を受け取ったら、隅田川花火大会本部(03-5246-1447)に連絡する流れ。

MAMORIO、第40回隅田川花火大会でIoT活用の忘れ物自動通知サービスを提供

MAMORIO社は2020年東京五輪までに遺失物早期返還プラットフォームを構築することを目指し、クラウドトラッキングユーザー数の増加を進めていくと共にMAMORIO Spotの開設を進めることで紛失におけるリスクを軽減する早期返還プラットフォームを広げていく意向だ。

【関連リンク】
MAMORIO

Previous

NECと茨城大学、AI活用で河川の氾濫レベルを画像から判断する「水害対策支援システム」の実証実験を実施

IoT人気記事ランキング|ソフトバンクIoTプラットフォーム、IoTConference2017 スマートファクトリーの今と未来レポート、など[7/17-7/23]

Next