ヒューマンクレスト、ユーザーの感情と行動を可視化するアプリやウェブサイトのクラウド評価サービス「EMOLOG」を提供開始

株式会社ヒューマンクレストは、10月21日、ソーシャルゲームなどのスマートフォン向けアプリやその他ツールアプリ、ECサイトなどのウェブサイトの新規開発・運用プロセスにおいて、ユーザーの感情と行動を可視化しながら課題を抽出する、独自のクラウド評価サービス「EMOLOG(エモログ)-emotion log-」の提供を開始する。

同サービスは、今年3月より運用中の同社サービス「WASABI(β版)」の提供内容を大幅にリニューアルしてのリリースとなる。

ヒューマンクレスト、ユーザーの感情と行動を可視化するアプリやウェブサイトのクラウド評価サービス「EMOLOG」を提供開始

 

EMOLOGとは

■独自の評価スキームでアプリやウェブサイトにおけるユーザーの感情と行動をリアルタイムに可視化し、改善点を抽出できるサービス

アプリやECサイトの運用段階で一般的に用いられるアクセス解析ツールは、大局的なユーザー行動をクイックに把握できるメリットがある反面、それだけでは具体的なユーザーの要望や離脱理由がわからない。

同社では、実際のユーザー体験を再現(ターゲット層のモニターへ課題の仮説となるシチュエーションとタスクを課すなど)させ、その行動追跡(ログ)と利用時の感覚取得(感情プロット)をかけあわせたクラウド評価手法「EMOLOGエモログ-emotion log-」システムを独自に開発。

モニター個々のユーザー行動と感情をリアルタイムに集計し、具体的な改善事項まで抽出可能な、ユーザー感情可視化サービスだ。

ヒューマンクレスト、ユーザーの感情と行動を可視化するアプリやウェブサイトのクラウド評価サービス「EMOLOG」を提供開始
ゲーム評価の流れ
ヒューマンクレスト、ユーザーの感情と行動を可視化するアプリやウェブサイトのクラウド評価サービス「EMOLOG」を提供開始
ウェブサイトやアプリ評価の流れ

 

■EMOLOGの利用パターン

利用方法は2パターン。EMOLOGシステムの仕組みだけ使って、格安に評価ができる「自社で回収」パターンと、一般モニターの調達から評価実施、改善提案までサポートする「EMOLOG事務局におまかせ」パターンだ。

システム利用料としてのチケットに加えて、8種類の豊富なオプションを組み合 わせて利用することで、サービスの予算に応じた、適切なユーザーサーベイが可能となる。

また「EMOLOG事務局におまかせ」パターンでは、初回利用分のみ通常価格から20%値引きとなる、おススメパッケージプランも準備(後述詳細)。

 

■EMOLOGの感情評価概念

ゲームやECサービス、コミュニティーサービスの市場が激化する昨今、ユーザーにとってのおもしろさ(ゲーム)や使い勝手・満足度(EC/コミュニティーサービス)を科学的・体系的に把握し、数多くのPDCAをコンパクトにまわす運用が求められている。

EMOLOGでは、実際のユーザー行動の中で生じた個々の不平や不満を「感情価」と「覚醒度」という科学的な尺度で効率良く収集し、サービスとしての俯瞰的な総合評価と同時に、具体的な改善点をスムーズに抽出する。

 

■今後の展開

ヒューマンクレストでは、同サービス「EMOLOG」を2016年(予定)より、産学連携による生体情報と感情の相関研究を進め、ウェアラブルデバイスを活用した、より科学的な感情サーベイツールへ進化(機能追加)させていく予定だ。

また現在、提携先を含めた約3,000人の自社モニターについても母数を拡大させ、評価精度の向上を目指す。

ヒューマンクレスト、ユーザーの感情と行動を可視化するアプリやウェブサイトのクラウド評価サービス「EMOLOG」を提供開始

 

【関連リンク】
株式会社ヒューマンクレスト
EMOLOG

Previous

フリースケール、ThreadとBluetooth® Smartを実行できるワイヤレス・マイクロコントローラを発表

感情を解析する人工知能のエモーション インテリジェンス、 ナビプラスと共催でECサイト事業者向けにユーザ離脱対策セミナーを無料開催

Next