Kepware Technologies、工業データをクラウドにストリームする新IoTソリューションをリリース

オートメーション用通信に集中するソフトウエア開発企業、Kepware(R) Technologies は20日、KEPServerEX(R)バージョン5.19向けIoT Gatewayのリリースを発表した。

インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)の開発をサポートするように構築されたIoT Gatewayはリアルタイム分析のため、リアルタイムのマシン・センサーデータをクラウドベースのソフトウエア・プラットフォームにストリームする。

 

KEPServerEXプラットフォームに支えられた150以上の通信プロトコルを利用して、IoT Gatewayは数多くの工業センサーおよびマシンのデータをクラウドベースのビッグデータや分析ソフトウエアアプリにストリームすることができる。

KepwareのIoT Gatewayはオープンソース、標準ベース通信を利用して、ユーザー組織独自のニーズに基づいてベンダーや通信方法を選ぶことを可能にする。プラグイ ン・アーキテクチャーのため費用効率が高くて使いやすく、高度にスケーラブルなソリューションである。それは大幅なコスト節約をもたらし、顧客サービス、 スマート・オートメーションを改善し、グローバルな運用全体の可視性を増大する。

KEPServerEXバージョン5.19はIoT GatewayとともにWindows 10をサポートし、ODBC クライアント・ドライバーの強化、Allen-Bradleyファームウエアのバージョン26 および27など主要ドライバーの更新を含んでいる。

 

【関連リンク】
Kepware(R) Technologies

Previous

アイキューブドシステムズ、モバイルとIoT のセキュリティを強化する 「位置情報と連動した機能制限」に関する特許を取得

日産自動車とソフトバンク、 日産販売店に人型ロボット「Pepper」を100台導入

Next