ソフトバンク、高水準のVR体験を実現する ヘッドマウントディスプレー「LINK」を8月4日に発売

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の2017年夏商戦向けスマートフォンである「HTC U11(ユーイレブン)」(HTC製)とつないで利用できるヘッドマウントディスプレー「LINK」を、2017年8月4日に発売する。

「LINK」は、スマートフォンにつないで利用できるVR端末として世界で唯一(※1)、VR空間を自由に動き回ることが可能なヘッドマウントディスプレーだ。

「LINK」では、発売時からシューティングやスポーツなど複数のジャンルのゲームコンテンツが楽しめる(※2)。また、360度のパノラマ動画を楽しめるYouTubeの公式VRチャンネル「YouTube バーチャルリアリティ」のコンテンツを楽しむことも可能だ。

※1 「6DoF(シックスドフ)」に対応したモバイルVR端末として。HTC調べ(2017年4月30日時点)。
※2 コンテンツはHTCが提供するVRコンテンツのプラットフォーム「Viveport M」からインストール可能。

ヘッドマウントディスプレー「LINK」の主な仕様

  • サイズ(幅×高さ×奥行き) 約197.69×116.61×167.33mm
  • 重さ 約560g USB(Type-C)Yケーブルを含む
  • ディスプレー 約3.6インチ AMOLED×2(1,080×1,200ピクセル)
  • 視野角 約110度
  • 電池容量 約2,800mAh
  • 外部接続 USB(Type-C)Yケーブル、3.5mmオーディオジャック
  • 同梱品
  •  ヘッドマウントディスプレー用LEDマーカー(1台)
     イヤホン(1個)
     両面テープキット
     ステレオカメラ ステレオカメラ用ホルダー付き(1台)
     コントローラ ストラップ付き(2台)
     アルカリ単4電池(4本)
     取扱説明書

    Previous

    IDC調査、デジタル時代のパートナー選定はアナログを重視

    トヨタ、米国の非営利団体American Center for Mobilityと協力、500万ドルの拠出や産官チームへの参加を通じ、コネクティッド・自動運転試験場の建設・運営を支援

    Next