NVIDIA、AI でレンダリング性能をスーパーチャージ

NVIDIA は、強力な最新のレイトレーシング機能を備えたNVIDIA OptiX™ 5.0 SDKをリリースして、レンダリングに人工知能 (AI) の能力を取り入れることを発表した。

NVIDIA が最近発表したデスクサイドの AI ワークステーションであるNVIDIA DGX Station™ でOptiX 5.0 を実行すると、デザイナーやアーティストのほか、プロのコンテンツクリエーターは、標準的な CPU ベースのサーバー 150 台分のレンダリング性能を得ることができる。

このような GPU アクセラレーテッドコンピューティングへのアクセスによって、反復作業やイノベーションを驚くべきスピードとパフォーマンスで進めながらも、コストを数分の 1 に抑えることが可能になるという。

OptiX 5.0の新しいレイトレーシング機能は、デザインやキャラクターを可視化するために必要なプロセスを加速し、プロのクリエーターが独自のコンテンツを操作できる能力を大幅に高める。AI による新しいノイズ除去機能を備え、画像からのグレインの除去を高速化する。また、リアリスティックなアニメーション効果には、GPU アクセラレーテッドのモーションブラーを採用している。

OptiX 5.0 は、登録済み開発者を対象に、11 月に無償で提供される予定だ。

Previous

トヨタ、米国の非営利団体American Center for Mobilityと協力、500万ドルの拠出や産官チームへの参加を通じ、コネクティッド・自動運転試験場の建設・運営を支援

ハタプロ、浦和PARCOでAI搭載小型ロボットによるマーケティング支援の実証実験を開始

Next