アドバンスト・メディア、変なホテル ラグーナテンボスの客室ロボットの音声対話機能に、4か国語対応の音声認識技術AmiVoiceが採用される

株式会社アドバンスト・メディアの音声認識技術AmiVoiceが、株式会社ラグーナテンボスが2017 年 8 月 1 日(火)に開業したテーマパークのラグナシアのパーク直結型ホテル「変なホテル ラグーナテンボス」の客室ロボット(タケロボ株式会社提供)に採用された。日・英・中・韓の4か国語に対応している。

ロボットと対話しながら、天気の確認や目覚ましのアラーム設定、ニュースなど様々な事ができるという。(一部日本語のみ対応)

「変なホテル」は、ロボットや再生エネルギーなどの最先端技術を導入し、快適性と生産性を両立させた全く新しいカテゴリーのホテルだ。変化しつづけるという意思を込めて、変なホテルと名付けられた。

同社子会社の株式会社グラモの高機能学習リモコン「iRemocon Wi-Fi」も客室に設置されており、ロボットに話しかけることで、照明のオンオフや、テレビの操作が可能だ。
 
[media id=’65073′] 変なホテル ラグーナテンボス
 

[media id=’65075′] 客室ロボット
 

Previous

NEC、リアルな映像で火災と煙を再現した「VR消火体験シミュレータ」を発売

IDC、世界ロボティクス関連支出額は、2017年に972億ドル、2016年から17.9%伸びる見通し、と発表

Next