東京電力とソニーモバイル スマートホーム分野でIoTを活用したサービスを構築

東京電力エナジーパートナー株式会社(以下、東電EP)と、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、スマートホーム分野でIoTを活用したサービスを構築し、「おうちの安心プラン」を商品化した。

両社は2016年8月23日にスマートホーム分野において、IoTを活用したサービスの開発と提供に向けた業務提携の検討を開始する基本合意書を締結した。その後、昨年12月から2度にわたって、一般ユーザーによるフィールドトライアルを実施し、顧客のニーズに寄り添ったサービスを開発した成果が同プランとなる。

東電EPは、同サービスを顧客に届けるために、施工、サポート体制の構築を担った。

ソニーモバイルは、本サービスの機器、アプリケーション、IoTプラットフォームの設計、開発並びに構築を担っており、今後もこれらを活かしたスマートホームサービスの拡充を目指す。

Previous

コマツが仕掛ける、IoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」。その思惑と、スマートコンストラクションの現状 -コマツ 四家氏インタビュー

楽天証券とNEC、AI技術を活用した不公正取引の監視業務高度化に向けた実証実験を開始

Next