ソフトバンク、ベンツ新型モデルに搭載されるテレマティクスサービス「Mercedes me connect」向けに、データ通信回線およびグローバル機器間通信管理プラットフォームを提供

ソフトバンク株式会社は、メルセデス・ベンツ日本株式会社が2017年に発売するメルセデス・ベンツ新型モデルに搭載されるテレマティクスサービス「Mercedes me connect(メルセデス・ミー・コネクト)」向けに、データ通信回線およびグローバル機器間通信(M2M)管理プラットフォームを提供する。

「Mercedes me connect」は、クルマがインターネットと接続することで利便性や安全性が向上するテレマティクスサービスだ。スマートフォンを経由して車両状況の確認やナビゲーションの目的地設定などをリモートで行うことができるほか、車内の専用ボタンを押すことでダイレクトにオペレーターと通話できる機能や車両が緊急事態を察知した際に自動で通報する緊急通報機能などを搭載している。

メルセデス・ベンツに新たに標準搭載されるテレマティクスサービスの開発にあたり、ソフトバンクはメルセデス・ベンツ日本と提携し、「Mercedes me connect」のプロジェクトメンバーとして企画、開発の段階から参加しながら、テスト、評価、実走まで協力各社と調整を重ねてきた。

Previous

リンクジャパン、既存エアコンをIoT化するデバイス「eRemote pro」を発表

富士通研究所、ブロックチェーンのトランザクション処理を高速化する技術を開発

Next