マイクロソフト、企業によるブロックチェーン採用を促進させるCoco Frameworkを発表

マイクロソフトは企業によってブロックチェーン技術採用を促進させるために、Coco Framework(ココ・フレームワーク)を発表した。

現在、企業の運用やセキュリティ基準に適用するため、ブロックチェーン導入には複雑な開発技術は必要だったが、Coco Frameworkはその複雑さを減らし、ブロックチェーンネットワークに統合することで、高速な取引(1秒当たり1600取引以上)や、分散ガバナンスやパフォーマンス を 犠牲 にしない機密性保護を実現する。それによって金融サービス、物流やサプライチェーン、ヘルスケアなど、複数の産業で速やかなブロックチェーン技術採用につながると期待されている。

Azureの最高技術責任者であるRussinovich氏はマイクロソフトが企業へのブロックチェーン導入にコミットしていることを強調し、顧客やブロックチェーンコミュニティ・ニーズに耳を 傾けた結果、Coco Frameworkを紹介した。先端アルゴリズムとインテルのSoftware Guard Extensions (SGX) やWindows Virtual Secure Mode (VSM)といったTrusted Execution Environment (TEE)を使い、ブロックチェーン導入を簡略することに、成功した。

設計上でCoco Frameworkはどんな台帳プロトコルにでも対応し、クラウドでもオンプレミスでも作動するという。

マイクロソフトは2018年にCoco FrameworkをGitHubにてオープンソース化する予定だ。

Source: Microsoft

Previous

NVIDIA 、AutonomouStuffと共同で自動運転車の開発キット「DRIVE PX on Wheels」をリリース

アクセンチュア、金融機関の半数以上が今後1年間でデジタル化社会へ向けた変革への投資を拡大する予定と発表

Next