国土交通省、道の駅を拠点とする自動運転サービスの実証実験を開始

国土交通省は、自動運転サービスの実証実験を、2017年9月2日から9月9日までの間、道の駅「にしかた」(栃木県栃木市)で実施すると発表した。

国土交通省は、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で実証実験を行う計画を打ち出している。今回、道の駅「にしかた」で初の実証実験となる。

実証実験が予定されている拠点と、使用される車両は次のとおりである。

国土交通省、道の駅を拠点とする自動運転サービスの実証実験を開始
平成29年度 実証実験箇所
国土交通省、道の駅を拠点とする自動運転サービスの実証実験を開始
実験車両

【関連リンク】
国土交通省(MLIT)

Previous

日本IBM、ソニー、ソニー・グローバルエデュケーションの3社がブロックチェーン技術を活用した教育データシステムを開発

NVIDIA 、AutonomouStuffと共同で自動運転車の開発キット「DRIVE PX on Wheels」をリリース

Next